www.vanandesigns.com

まじめにふまじめ




ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”モンテドトネール” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU MONTEE DE TONNERRE 品質保証,大得価

Vintage 2014年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ドメーヌ・ウイリアム・フェーブル シャブリ シャブリ プルミエ・クリュ  ”モンテ・ド・トネール”》 大きめの石灰石が多く表土は極めて浅く、その下にはキンメリジャンの岩盤が広がります。グランクリュのレクロとブランショの延長上に位置し、最高の日照条件です。樹齢45年と高く、強さとエレガンスを兼ね備えるワインです。 ■ 2012年 パーカーポイント 91-92 ポイント Wine Advocate #208 (2013-08-29) ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”モンテドトネール” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU MONTEE DE TONNERRE 品質保証,大得価

オーディフレッドブルゴーニュルージュ 2013 AudiffredBourgogne Rouge 激安大特価,定番人気

Vintage 2013年 生産者 オーディフレッド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「オーディフレッド」 生産者である アンリ・オーディフレッド は、もともと DRC社の12人の正社員のひとりで、主にロマネ・コンティとラ・ターシュの栽培を担当していて、時々醸造にも携わっていたとの事です 。2003年、ヴォーヌ・ロマネ村の入口付近にある実家のドメーヌを継承し数年間、2足の草鞋で休日も休まず働いていました。そして2007年2月、14年間勤めたDRC社を退社し、現在に至っています。実家の継承した葡萄畑は、ビオデナミをお父さんの時代から励行していたという夢のような遺産です。友人のジャン・グリヴォから2回使用済みの樽を譲り受け使用してるとの事で、好条件が揃っています。新ブルゴーニュと言われる生産者の一人です。 《オーディフレッド ブルゴーニュ・ルージュ》 サクランボやイチゴなどの瑞々しい赤い果実の豊かな風味。渋みが 穏やかで、優しい酸味がエレガントな印象のワインです。ヴォーヌ・ロマネ村とニュイ・サン・ジョルジュ村の境界辺りのACブルゴーニュ区画Les Croix Blanchesに、メテイヤージュ契約で0.15ha。平均樹齢60年の超VV。4~5回使用樽で13ヶ月間の樽熟成。 生産本数900本の限定キュヴェです。  オーディフレッドブルゴーニュルージュ 2013 AudiffredBourgogne Rouge 激安大特価,定番人気

ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”モンマン” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU MONTMAINS 品質保証,大得価

Vintage 2014年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ドメーヌ・ウイリアム・フェーブル シャブリ プルミエ・クリュ ”モンマン”》 シャブリ左岸に広がる1級畑で、キンメリジャンの岩盤にマール(泥灰質)が広がりブドウの成熟は他の1級畑よりもゆっくりと進みます。実直で骨格のはっきりとした味わいで、ミネラルの余韻が長いのも特徴。みずみずしい味わいは、繊細な和食ともよく合います。 ■ 2012年 パーカーポイント 90-91 ポイント Wine Advocate #208 (2013-08-29) ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”モンマン” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU MONTMAINS 品質保証,大得価

ウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”ヴァイヨン” 2014 WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU VAILLONS 品質保証,大得価

Vintage 2014年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ウイリアム・フェーブル シャブリ プルミエ・クリュ ”ヴァイヨン”》 クリーンでフレッシュな花の香りに果実香が加わり、アクセントのあるミネラル。奥行きがあり非常にこなれた丸みがあるワインです。 ■ 2012年 パーカーポイント 91-92 ポイント Wine Advocate #208 (2013-08-29)   ウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”ヴァイヨン” 2014 WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU VAILLONS 品質保証,大得価

エマニュエルルジェブルゴーニュパストゥーグラン 2011 Emmanuel Rouget Bourgogne Passetout Grain 本物保証,HOT

Vintage 2011年 生産者 エマニュエル・ルジェ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「エマニュエル・ルジェ」 アンリ ジャイエ氏を叔父に持つエマニュエル ルジェ氏は、偉大なる叔父からワイン造りを学びました。叔父の教えを尊重し、最高品質のものを造るという姿勢のルジェ氏のワインは、その外見とは裏腹に非常に繊細で芸術とも言える出来上がりになっています。また、同じく叔父のジョルジュ ジャイエ氏の畑を分益小作してのワイン造りも行っています。葡萄栽培に関してもアンリ ジャイエ氏の哲学を受け継ぎ、葡萄は出来るだけ自然な方法で育てること、葡萄の収穫は早すぎても遅すぎてもいけないので、その年にとって適切な収穫時期を見極めること、収穫量を厳しく抑制することを心掛けています。 収穫は手摘みで除梗は100%行います。アルコール醗酵前に5〜7日間低温浸漬をし、アロマとピノ ノワールの色を引き出します。アルコール醗酵にはコンクリートタンクを使い、自然酵母で15〜20日間行われ、約18か月樽で熟成させてから軽めに清澄をし、フィルターはしないで瓶詰されます。 《エマニュエル・ルジェ ブルゴーニュ・パストゥー・グラン》 ピノ・ノワールとガメイが2:1の割合で造られるワインです。 ピノ・ノワールの繊細さと酸味、ガメイの力強さと果実味が見事に調和しています。 収穫した葡萄を選別し、同じ醗酵タンクにピノ・ノワールとガメイを入れて醗酵させて造られます。 エマニュエルルジェブルゴーニュパストゥーグラン 2011 Emmanuel Rouget Bourgogne Passetout Grain 本物保証,HOT

エチエンヌソゼ ピュリニーモンラッシェ 2010 Domaine Etienne Sauzet Puligny Montrachet 格安,限定SALE

Vintage 2012年 生産者 ドメーヌ・エチエンヌ・ソゼ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・エチエンヌ・ソゼ」 ブルゴーニュ屈指の白ワインを生み出す 「エチエンヌ・ソゼ」 ブルゴーニュ白ワインでは、5本の指に入る名手。 特に世界の頂点とも言えるべき、白ワインの最高峰と 言われる「ピュリニー・モンラッシェ」の中でも最も有名なドメーヌの1つです。 ピュリニー・モンラッシェといえばソゼかルフレーヴと言われるように、ソゼはピュリニー・モンラッシェで1,2を争う実力派の造り手です。かつてラグビー選手をしていたジェラール・ブードは、エティエンヌ・ソゼの孫娘であるジャクリーヌと結婚し、このドメーヌを受け継ぎました。その後ジャクリーヌの兄弟にあたるジャン・マルク・ボワイヨが、数年前、彼が相続すべき葡萄を取得したため、ソゼの造るワインの生産量が激減しました。現在、典型的なピュリニースタイルを造るソゼのワインは世界中からますます引く手あまたなワインになっており、特に近年のワインは目を見張るような品質に。入手困難な状態が続いています。 《エチエンヌ・ソゼ ピュリニー・モンラッシェ》 村内の数ヶ所のリューディ及びプルミエ・クリュのデクラッセをアッサンブラージュして醸造しています。すっきりと洗練されたスタイルが良く表現され、ピュリニィらしいライムのような香りが感じられます。味わいは、ミネラルでドライながらも深い味わいのワインです。   エチエンヌソゼ ピュリニーモンラッシェ 2010 Domaine Etienne Sauzet Puligny Montrachet 格安,限定SALE

エマニュエルルジェヴォーヌロマネ 2011 Emmanuel Rouget Vosne Romanee 本物保証,HOT

Vintage 2011年 生産者 エマニュエル・ルジェ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「エマニュエル・ルジェ」 アンリ ジャイエ氏を叔父に持つエマニュエル ルジェ氏は、偉大なる叔父からワイン造りを学びました。叔父の教えを尊重し、最高品質のものを造るという姿勢のルジェ氏のワインは、その外見とは裏腹に非常に繊細で芸術とも言える出来上がりになっています。また、同じく叔父のジョルジュ ジャイエ氏の畑を分益小作してのワイン造りも行っています。葡萄栽培に関してもアンリ ジャイエ氏の哲学を受け継ぎ、葡萄は出来るだけ自然な方法で育てること、葡萄の収穫は早すぎても遅すぎてもいけないので、その年にとって適切な収穫時期を見極めること、収穫量を厳しく抑制することを心掛けています。 収穫は手摘みで除梗は100%行います。アルコール醗酵前に5〜7日間低温浸漬をし、アロマとピノ ノワールの色を引き出します。アルコール醗酵にはコンクリートタンクを使い、自然酵母で15〜20日間行われ、約18か月樽で熟成させてから軽めに清澄をし、フィルターはしないで瓶詰されます。 《エマニュエル・ルジェ ヴォーヌ・ロマネ》 ダークチェリーやイチジクを想わせる深みのある香りとジューシーな果実味、豊かで滑らかな酸味、強すぎず優しすぎない適度な渋さなど、「味」を構成する全ての要素がバランスよく溶け込んだワインです。 エマニュエルルジェヴォーヌロマネ 2011 Emmanuel Rouget Vosne Romanee 本物保証,HOT

ドメーヌアルマンルソーシャンベルタン 2013 Domaine Armand Rousseau Chambertin 正規品,人気セール

Vintage 2013年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー シャンベルタン》 凝縮された果実の甘い風味に複雑極まる味わいで、余韻はとても長く、各要素のバランスがうまくまとまり、繊細さを併せ持つワインです。このドメーヌの名声の高さを如実に物語っているワインです。 ■ 2013年 パーカーポイント 94-96 ポイント eRobertParker.com #216 (2014-12-30) ドメーヌアルマンルソーシャンベルタン 2013 Domaine Armand Rousseau Chambertin 正規品,人気セール

ドメーヌアルヌーラショーヴォーヌロマネ レオートメズィエール 2011 Domaine Arnoux Lachaux Vosne Romanee Les Hautes Maizieres 新品,定番

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・アルヌー・ラショー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルヌー・ラショー」 ヴォーヌ・ロマネ村で200年以上に渡って5代続くドメーヌです。ロベールアルヌー(1995年没)の娘婿にあたるパスカルラショーがワインづくりの責任者となって以来、劇的に品質が向上し、高い評価を得ています。ワインづくりの信念は、畑では綿密な作業を心がけテロワールを尊重すること、醸造ではピノ・ノワールの良さを引き出すこと果実味とエレガンスさを求めめています。 馬による耕作。 樹齢の古いぶどうの樹は機械の重さに耐えられないため馬で耕作します。 DRCの耕作に参加することも。栽培方法はリュット・レゾネからビオロジックに移行しています。厳しい剪定とグリーン・ハーヴェストを行うことによって、凝縮度の高い葡萄を収穫しており、高い品質・評価の基盤となっています。収穫された葡萄は100%除梗の後、主発酵に移ります。発酵は自然酵母により、赤い果実の風味を大切にするため発酵温度は通常は24~29℃と低めに設定されています。その後、中程度にローストされた樽で、村名クラスで25~30%、1級で40~60%、エシェゾーとクロヴージョで約70%、ロマネサンヴィヴァンは100%の新樽比率で16ー18ヶ月熟成されます。ワインは清澄・ろ過されずに瓶詰めされます。 《ドメーヌ・アルヌー・ラショー ヴォーヌ・ロマネ レ・オート・メズィエール》 オート メズイエールはロマネ・サン・ヴィヴァンのすぐ北東、1級畑スショに隣接した村名畑で、石灰分が多くミネラル分の豊富な土壌です。 ドメーヌアルヌーラショーヴォーヌロマネ レオートメズィエール 2011 Domaine Arnoux Lachaux Vosne Romanee Les Hautes Maizieres 新品,定番

アランユドロノエラヴォーヌロマネ 2012 Alain HUDELOT NOELLATVosne Romanee 限定SALE,大人気

Vintage 2012年 生産者 アラン・ユドロ・ノエラ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「アラン・ユドロ・ノエラ」 ヴージョ村に本拠地を置き、ヴォーヌ・ロマネやシャンボール・ミュジニーを 中心に10haの畑を所有し、近年クオリティ、評価ともに上がってきている 今最も注目すべきドメーヌがアラン・ユドロ・ノエラです。 最盛期には、かのアンリ・ジャイエ氏とも比較されるほどの実力を持っていたと言われる"シャルル・ノエラ"の畑の一部を所有している事で知られています。 現在ワイン造りを行うのは、創始者であるアラン・ユドロ氏の孫であるシャルル・ヴァン・カネット氏で、偉大な優良畑とともにワイン造りの情熱を引き継いだ彼が、近年評価をぐっと上げている注目のドメーヌです。 《シャルル・ヴァン・カネット氏》祖父であるアラン・ユドロ氏より、ブドウ栽培、醸造、マーケティングにいたるまでドメーヌの仕事のほとんどを委ねられています。学生時代にボーヌで醸造学を学び、 ニュージーランドやジュヴレ・シャンベルタンのジャン・ルイ・トラペなどで修業。 2008年から本格的にアラン・ユドロ・ノエラの仕事に携わるようになりました。 《アラン・ユドロ・ノエラ ヴォーヌ・ロマネ》 アランユドロノエラヴォーヌロマネ 2012 Alain HUDELOT NOELLATVosne Romanee 限定SALE,大人気

ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ グランクリュ ”ヴォデジール ” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS G CRU VAUDESIR 品質保証,大得価

Vintage 2014年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ドメーヌ・ウイリアム・フェーブル シャブリ グラン・クリュ ”ヴォデジール ”》 レ プルーズとグルヌイユ、ヴァルミュールにはさまれた、傾斜がきつく、石灰よりも粘土がやや多い土壌です。(表土は深くないため、雨などで流れ出た土を人力で再び上げる必要があります。)若いうちから香りが花開き、南国系のトロピカルなフレーバーがあるワインです。 ■ 2012年 パーカーポイント 90-91+ ポイント Wine Advocate #208 (2013-08-29) ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ グランクリュ ”ヴォデジール ” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS G CRU VAUDESIR 品質保証,大得価

ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”フルショーム” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU FOURCHAUME 品質保証,大得価

Vintage 2014年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ドメーヌ・ウイリアム・フェーブル シャブリ プルミエ・クリュ ”フルショーム”》 シャブリ右岸に広がる1級畑で、グランクリュレプリューズに隣接するヴォロランの区画の中から、主に樹齢の低いブドウから造られます。マール(泥炭質)土壌で比較的表土が深いため、ワインは力強く、ミネラル感が豊富なワインです。 ■ 2010年 パーカーポイント 90-91 ポイント Wine Advocate #208 (2013-08-29) ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”フルショーム” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU FOURCHAUME 品質保証,大得価

オリヴィエルフレーヴシャサーニュモンラッシェ 2013 Olivier Lefraive Chassagne Montrachet 2019,定番

Vintage 2013年 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「オリヴィエ・ルフレーヴ」 ミュージシャンとして歩み、ワイン造りには関わってこなかったオリヴィエは、彼の兄弟であるパトリックと叔父のヴァンサンに力を借り、1984年自分自身でワイン造りを営むことを決めました。叔父のヴァンサン・ルフレーヴは、ブルゴーニュにおいて、白ワイン造りで名声を得、ドメーヌ・ルフレーヴを築き上げた人物です。 1993年にヴァンサンが亡くなった時、ドメーヌ・ルフレーヴは彼の娘のアンヌ・クロードとオリヴィエにしっかりと引き継がれました。しかし、オリヴィエはその後今日まで続いているネゴシアン業に専念するべく、身を引いたのです。オリヴィエ・ルフレーヴの品質は20年以上に渡り向上し続け、ハイクオリティな小さなネゴシアンとしての名声を確立しました。 ■ オリヴィエ・ルフレーヴのワイン 所在地であるピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュをはじめ、10ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有しています。そのほとんどは自社畑の葡萄から造られていますが、一部ネゴシアンとして買い付ける葡萄においても、特定の契約栽培者としか取引せず、1989年から醸造責任者に就任したフランク・グリュクスが責任を持って、選定、栽培、醸造までの一貫した管理を行い、自社畑と変わらぬ品質を保っています。現在約60以上のAOCを取扱い、安定した品質を保ち続け、ハイクオリティなネゴシアンとしての名声を確立しています。オリヴィエが目指すワインのスタイルは決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルと言えるでしょう。エレガントなスタイル。優しく、気品に満ち、繊細。そして何よりもテロワールの個性がはっきりと味わいに反映されています。 《オリヴィエ・ルフレーヴ シャサーニュ・モンラッシェ》 ピュリニィと異なりコクがあって力強く、アーモンド、ハチミツ、バター等、豊潤な味わいがあります。フローラルでしっかりとしたストラクチャーを持ったワインです。 オリヴィエルフレーヴシャサーニュモンラッシェ 2013 Olivier Lefraive Chassagne Montrachet 2019,定番

ドメーヌアンリグージュニュイサンジョルジュ レプリュリエ 2008 Domaine Henri GougesNuits Saint Georges Les Pruliers 100%新品,人気

Vintage 2008年 生産者 ドメーヌ・アンリ・グージュ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アンリ・グージュ」 その品質は高く、また優れた畑を所有していたため、同地区No.1の造り手として評価と賞賛を集めていました。今では当たり前になった「ドメーヌ元詰め」を始めた数少ない生産者の一人です(贋物ワインを廃絶するため)。現在はアンリの孫にあたるピエールとクリスチャンがドメーヌを引き継ぎ、再び高い品質を取り戻し、高い評価を得ています。 ◆ ドメーヌについて ドメーヌはアンリ・グージュ(1899年生まれ)によって1936年に設立され、同地区No.1の造り手としての評価を得ていました。同ドメーヌはグージュ家がファミリーで所有しており、1967年アンリ死去後、息子のミッシェルとマルセルが後を継ぎましたが、品質に陰りが出始め、ドメーヌとしての評判は低迷しました。しかし、次の世代、マルセルの息子ピエール(1948年生まれ)とミッシェルの息子クリスチャン(1956年)の時代を迎えると、再び高い品質を取り戻し、現在ではニュイ・サン・ジョルジュ最高の評価を得るようになりました。 《ドメーヌ・アンリ・グージュ ニュイ・サン・ジョルジュ レ・プリュリエ》 これぞニュイ・サン・ジョルジュというべき、限りなく深く濃厚なワインが出来るのが、“レ・プリュリエ”。同家では、樹齢70年の古木に若い12年の区画をブレンドすることで、ワインに新鮮な果実としなやかさを与えています。1.63ha、東向きの斜面を持ち、茶系石灰岩の表面にくすんだ青色、赤褐色の沈泥に覆われた土壌です。味わいはフルで力強く濃厚ですが、同時に、スパイス、土、鉄、草木のニュアンスが印象的なワインです。 ドメーヌアンリグージュニュイサンジョルジュ レプリュリエ 2008 Domaine Henri GougesNuits Saint Georges Les Pruliers 100%新品,人気

エマニュエルルジェニュイサンジョルジュ 2011 Emmanuel Rouget Nuits Saint Georges 本物保証,HOT

Vintage 2011年 生産者 エマニュエル・ルジェ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「エマニュエル・ルジェ」 アンリ ジャイエ氏を叔父に持つエマニュエル ルジェ氏は、偉大なる叔父からワイン造りを学びました。叔父の教えを尊重し、最高品質のものを造るという姿勢のルジェ氏のワインは、その外見とは裏腹に非常に繊細で芸術とも言える出来上がりになっています。また、同じく叔父のジョルジュ ジャイエ氏の畑を分益小作してのワイン造りも行っています。葡萄栽培に関してもアンリ ジャイエ氏の哲学を受け継ぎ、葡萄は出来るだけ自然な方法で育てること、葡萄の収穫は早すぎても遅すぎてもいけないので、その年にとって適切な収穫時期を見極めること、収穫量を厳しく抑制することを心掛けています。 収穫は手摘みで除梗は100%行います。アルコール醗酵前に5〜7日間低温浸漬をし、アロマとピノ ノワールの色を引き出します。アルコール醗酵にはコンクリートタンクを使い、自然酵母で15〜20日間行われ、約18か月樽で熟成させてから軽めに清澄をし、フィルターはしないで瓶詰されます。 《エマニュエル・ルジェ ニュイ・サン・ジョルジュ》 チェリーやラズベリーなどの香りが感じられ、舌触りはやわらかく、完熟した果実味に、酸とタンニンのバランスがとれ非常にエレガントなワインです。 エマニュエルルジェニュイサンジョルジュ 2011 Emmanuel Rouget Nuits Saint Georges 本物保証,HOT

オリヴィエルフレーヴピュリニーモンラッシェシャンガン 2011 Olivier LefraivePuligny Montrachet Chanp Gain 2019,定番

Vintage 2011年 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「オリヴィエ・ルフレーヴ」 ミュージシャンとして歩み、ワイン造りには関わってこなかったオリヴィエは、彼の兄弟であるパトリックと叔父のヴァンサンに力を借り、1984年自分自身でワイン造りを営むことを決めました。叔父のヴァンサン・ルフレーヴは、ブルゴーニュにおいて、白ワイン造りで名声を得、ドメーヌ・ルフレーヴを築き上げた人物です。 1993年にヴァンサンが亡くなった時、ドメーヌ・ルフレーヴは彼の娘のアンヌ・クロードとオリヴィエにしっかりと引き継がれました。しかし、オリヴィエはその後今日まで続いているネゴシアン業に専念するべく、身を引いたのです。オリヴィエ・ルフレーヴの品質は20年以上に渡り向上し続け、ハイクオリティな小さなネゴシアンとしての名声を確立しました。 ■ オリヴィエ・ルフレーヴのワイン 所在地であるピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュをはじめ、10ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有しています。そのほとんどは自社畑の葡萄から造られていますが、一部ネゴシアンとして買い付ける葡萄においても、特定の契約栽培者としか取引せず、1989年から醸造責任者に就任したフランク・グリュクスが責任を持って、選定、栽培、醸造までの一貫した管理を行い、自社畑と変わらぬ品質を保っています。現在約60以上のAOCを取扱い、安定した品質を保ち続け、ハイクオリティなネゴシアンとしての名声を確立しています。オリヴィエが目指すワインのスタイルは決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルと言えるでしょう。エレガントなスタイル。優しく、気品に満ち、繊細。そして何よりもテロワールの個性がはっきりと味わいに反映されています。 《オリヴィエ・ルフレーヴ ピュリニー・モンラッシェ・シャン・ガン》 畑はラッシェの丘の上の方の傾斜にあり、名前は「森を開拓した野原」から由来しています。粘土と石灰質の土壌はワインに純粋さと素晴らしい品質をもたらします。ピュリニー・モンラッシェ・シャン・ガンは10年間オリヴィエ・ルフレーヴの王冠の宝石です。魅力的なレモン、ヴァニラ、トーストの独特な香りが感じられ、エレガントなスタイルで、余韻も長いワインです。 オリヴィエルフレーヴピュリニーモンラッシェシャンガン 2011 Olivier LefraivePuligny Montrachet Chanp Gain 2019,定番

ドメーヌアルマンルソーシャルムシャンベルタン 2013 Domaine Armand Rousseau Charmes Chambertin 正規品,人気セール

Vintage 2013年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー シャルム・シャンベルタン》 シャルム・シャンベルタンの2区画及びマゾワイエールの1区画のアッサンブラージュで造るワインです。ルソー家では最も若いうちから開く特級畑として扱っています。味わいは複雑で奥深く力強いジュブレ・シャンベルタンの中でもっともエレガントで滑らかな飲み心地のワインです。 ■ 2013年 パーカーポイント 92-94 ポイント eRobertParker.com #216 (2014-12-30) ドメーヌアルマンルソーシャルムシャンベルタン 2013 Domaine Armand Rousseau Charmes Chambertin 正規品,人気セール

ドメーヌアルマンルソーシャンベルタンクロドベーズ 2013 Domaine Armand Rousseau Chambertin Clos de Beze 正規品,人気セール

Vintage 2013年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー シャンベルタン・クロ・ド・ベーズ》 クロ・ド・ベーズは、真のジュヴレ最高のグランクリュです。深い色調で、並はずれた芳香をもち、繊細で深く豊かで複雑な味わいの極上ワインです。 ■ 2013年 パーカーポイント 95-97 ポイント eRobertParker.com #216 (2014-12-30) ドメーヌアルマンルソーシャンベルタンクロドベーズ 2013 Domaine Armand Rousseau Chambertin Clos de Beze 正規品,人気セール

ドメーヌアルマンルソージュヴレイシャンベルタン プルミエクリュ レカズティエ 2011 Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin les Cazetiers 正規品,人気セール

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレイ・シャンベルタン プルミエ・クリュ レ・カズティエ》 ジュヴレ・シャンベルタンには村の中心を挟んで北側の斜面と南側の平地に1級畑が点在していますが、アルマン・ルソーが畑を持っているのは北側の斜面だけです。北側の斜面にある1級は「よその村のどの1級が背伸びしても届かない」と言われる素晴らしい区画です。水捌けの良い石の多い粘土質で、力強く長熟するワインが出来あがります。 ■ 2011年 パーカーポイント 87 ポイント eRobertParker.com #208 (2013-08-29) ドメーヌアルマンルソージュヴレイシャンベルタン プルミエクリュ レカズティエ 2011 Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin les Cazetiers 正規品,人気セール

アランユドロノエラクロドヴージョ グランクリュ 2012 Alain HUDELOT NOELLATClos de Vougeot Grand Cru 限定SALE,大人気

Vintage 2012年 生産者 アラン・ユドロ・ノエラ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「アラン・ユドロ・ノエラ」 ヴージョ村に本拠地を置き、ヴォーヌ・ロマネやシャンボール・ミュジニーを 中心に10haの畑を所有し、近年クオリティ、評価ともに上がってきている 今最も注目すべきドメーヌがアラン・ユドロ・ノエラです。 最盛期には、かのアンリ・ジャイエ氏とも比較されるほどの実力を持っていたと言われる"シャルル・ノエラ"の畑の一部を所有している事で知られています。 現在ワイン造りを行うのは、創始者であるアラン・ユドロ氏の孫であるシャルル・ヴァン・カネット氏で、偉大な優良畑とともにワイン造りの情熱を引き継いだ彼が、近年評価をぐっと上げている注目のドメーヌです。 《シャルル・ヴァン・カネット氏》祖父であるアラン・ユドロ氏より、ブドウ栽培、醸造、マーケティングにいたるまでドメーヌの仕事のほとんどを委ねられています。学生時代にボーヌで醸造学を学び、 ニュージーランドやジュヴレ・シャンベルタンのジャン・ルイ・トラペなどで修業。 2008年から本格的にアラン・ユドロ・ノエラの仕事に携わるようになりました。 《アラン・ユドロ・ノエラ クロ・ド・ヴージョ》 華やかな赤系果実の香りに凛としたミネラル感が美しくまとまっており、ラズベリー、ベルガモットなどの華やかなアロマが香ります。強さも感じられるクラシックな仕上がりです。類稀な力強さと気品を兼ね備えたワインです。 ■ 2012年 パーカーポイント 91-93 ポイント eRobertParker.com #210 (2013-12-30) アランユドロノエラクロドヴージョ グランクリュ 2012 Alain HUDELOT NOELLATClos de Vougeot Grand Cru 限定SALE,大人気

ドメーヌアルマンルソージュヴレイシャンベルタンプルミエクリュクロサンジャック 2012 Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin 1er Cru Clos St Jaques 正規品,人気セール

Vintage 2012年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレイ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・クロ・サン・ジャック》 ルソー家ではグランクリュと全く同じ扱いで、ルソー家の所有する6つ目の特級畑と言われるほどの実力を持っています。特級畑のクロ・ド・ラ・ロシュやマジ・シャンベルタンよりも新樽の比率を高くした、複雑深遠なワインです。 ■ 2012年 パーカーポイント 95-97 ポイント :eRobertParker.com #210 (2013-12-30) ドメーヌアルマンルソージュヴレイシャンベルタンプルミエクリュクロサンジャック 2012 Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin 1er Cru Clos St Jaques 正規品,人気セール

オリヴィエルフレーヴ ムルソー レティエ 2010 Olivier Lefraive Meursault Les Tillets 2019,定番

Vintage 2010年 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「オリヴィエ・ルフレーヴ」 ミュージシャンとして歩み、ワイン造りには関わってこなかったオリヴィエは、彼の兄弟であるパトリックと叔父のヴァンサンに力を借り、1984年自分自身でワイン造りを営むことを決めました。叔父のヴァンサン・ルフレーヴは、ブルゴーニュにおいて、白ワイン造りで名声を得、ドメーヌ・ルフレーヴを築き上げた人物です。 1993年にヴァンサンが亡くなった時、ドメーヌ・ルフレーヴは彼の娘のアンヌ・クロードとオリヴィエにしっかりと引き継がれました。しかし、オリヴィエはその後今日まで続いているネゴシアン業に専念するべく、身を引いたのです。オリヴィエ・ルフレーヴの品質は20年以上に渡り向上し続け、ハイクオリティな小さなネゴシアンとしての名声を確立しました。 ■ オリヴィエ・ルフレーヴのワイン 所在地であるピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュをはじめ、10ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有しています。そのほとんどは自社畑の葡萄から造られていますが、一部ネゴシアンとして買い付ける葡萄においても、特定の契約栽培者としか取引せず、1989年から醸造責任者に就任したフランク・グリュクスが責任を持って、選定、栽培、醸造までの一貫した管理を行い、自社畑と変わらぬ品質を保っています。現在約60以上のAOCを取扱い、安定した品質を保ち続け、ハイクオリティなネゴシアンとしての名声を確立しています。オリヴィエが目指すワインのスタイルは決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルと言えるでしょう。エレガントなスタイル。優しく、気品に満ち、繊細。そして何よりもテロワールの個性がはっきりと味わいに反映されています。 《オリヴィエ・ルフレーヴ ムルソー レ・ティエ》 輝く黄金色が美しく、バターやブリオッシュ、トロピカルフルーツのような芳醇なアロマがあり、果実のこっくりとした甘味、ハチミツのようなトロみがあり、程良く酸味が効いていて、コクのあるリッチな味わいのワインです。 オリヴィエルフレーヴ ムルソー レティエ 2010 Olivier Lefraive Meursault Les Tillets 2019,定番

オリヴィエルフレーヴ ブルゴーニュアリゴテ 2013 Olivier Lefraive Bourgogne Aligote 2019,定番

Vintage 2013年 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 アリゴテ100% タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「オリヴィエ・ルフレーヴ」 ミュージシャンとして歩み、ワイン造りには関わってこなかったオリヴィエは、彼の兄弟であるパトリックと叔父のヴァンサンに力を借り、1984年自分自身でワイン造りを営むことを決めました。叔父のヴァンサン・ルフレーヴは、ブルゴーニュにおいて、白ワイン造りで名声を得、ドメーヌ・ルフレーヴを築き上げた人物です。 1993年にヴァンサンが亡くなった時、ドメーヌ・ルフレーヴは彼の娘のアンヌ・クロードとオリヴィエにしっかりと引き継がれました。しかし、オリヴィエはその後今日まで続いているネゴシアン業に専念するべく、身を引いたのです。オリヴィエ・ルフレーヴの品質は20年以上に渡り向上し続け、ハイクオリティな小さなネゴシアンとしての名声を確立しました。 ■ オリヴィエ・ルフレーヴのワイン 所在地であるピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュをはじめ、10ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有しています。そのほとんどは自社畑の葡萄から造られていますが、一部ネゴシアンとして買い付ける葡萄においても、特定の契約栽培者としか取引せず、1989年から醸造責任者に就任したフランク・グリュクスが責任を持って、選定、栽培、醸造までの一貫した管理を行い、自社畑と変わらぬ品質を保っています。現在約60以上のAOCを取扱い、安定した品質を保ち続け、ハイクオリティなネゴシアンとしての名声を確立しています。オリヴィエが目指すワインのスタイルは決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルと言えるでしょう。エレガントなスタイル。優しく、気品に満ち、繊細。そして何よりもテロワールの個性がはっきりと味わいに反映されています。 《オリヴィエ・ルフレーヴ ブルゴーニュ・アリゴテ》 可愛らしいテクスチャに、アリゴテらしい、ほのかな甘い果実味と酸、ミネラルのバランスが良い味わいに仕上がっているワインです。 オリヴィエルフレーヴ ブルゴーニュアリゴテ 2013 Olivier Lefraive Bourgogne Aligote 2019,定番

オリヴィエルフレーヴバタールモンラッシェ 2012 Olivier LefraiveBatard Montrachet 2019,定番

Vintage 2012年 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「オリヴィエ・ルフレーヴ」 ミュージシャンとして歩み、ワイン造りには関わってこなかったオリヴィエは、彼の兄弟であるパトリックと叔父のヴァンサンに力を借り、1984年自分自身でワイン造りを営むことを決めました。叔父のヴァンサン・ルフレーヴは、ブルゴーニュにおいて、白ワイン造りで名声を得、ドメーヌ・ルフレーヴを築き上げた人物です。 1993年にヴァンサンが亡くなった時、ドメーヌ・ルフレーヴは彼の娘のアンヌ・クロードとオリヴィエにしっかりと引き継がれました。しかし、オリヴィエはその後今日まで続いているネゴシアン業に専念するべく、身を引いたのです。オリヴィエ・ルフレーヴの品質は20年以上に渡り向上し続け、ハイクオリティな小さなネゴシアンとしての名声を確立しました。 ■ オリヴィエ・ルフレーヴのワイン 所在地であるピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュをはじめ、10ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有しています。そのほとんどは自社畑の葡萄から造られていますが、一部ネゴシアンとして買い付ける葡萄においても、特定の契約栽培者としか取引せず、1989年から醸造責任者に就任したフランク・グリュクスが責任を持って、選定、栽培、醸造までの一貫した管理を行い、自社畑と変わらぬ品質を保っています。現在約60以上のAOCを取扱い、安定した品質を保ち続け、ハイクオリティなネゴシアンとしての名声を確立しています。オリヴィエが目指すワインのスタイルは決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルと言えるでしょう。エレガントなスタイル。優しく、気品に満ち、繊細。そして何よりもテロワールの個性がはっきりと味わいに反映されています。 《オリヴィエ・ルフレーヴ バタール・モンラッシェ》 この雄大でパワフルなワインは11ヘクタールのグラン・クリュで生産されます。粘土と石灰の比率(下表土)は近隣の畑より多いので、10年以上の熟成に耐え得るポテンシャルの高い、リッチでフルボディのワインが造りだされます。樽熟成のよるオークのニュアンスとブーケが熟成と共に複雑さを増すワインです。 オリヴィエルフレーヴバタールモンラッシェ 2012 Olivier LefraiveBatard Montrachet 2019,定番

ドメーヌアルマンルソージュヴレイシャンベルタン プルミエクリュ ラヴォーサンジャック 2011 Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin Lavaux Saint Jacques 正規品,人気セール

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー ジュヴレイ・シャンベルタン プルミエ・クリュ ラヴォー・サン・ジャック》 果実を十二分に抽出し力強く濃厚で、滑らかな舌触りのワインです。ジュヴレ・シャンベルタンには村の中心を挟んで北側の斜面と南側の平地に1級畑が点在していますが、アルマン・ルソーが畑を持っているのは北側の斜面だけです。北側の斜面にある1級は「よその村のどの1級が背伸びしても届かない」と言われる素晴らしい区画です。水捌けの良い石の多い粘土質で、力強く長熟するワインが出来あがります。 ■ 2011年 パーカーポイント 89 ポイント eRobertParker.com #Special Interim Issue Report (2014-11-30) ドメーヌアルマンルソージュヴレイシャンベルタン プルミエクリュ ラヴォーサンジャック 2011 Domaine Armand Rousseau Gevrey Chambertin Lavaux Saint Jacques 正規品,人気セール

ドメーヌアルヌーラショーヴォーヌロマネ レスショ 2008 Domaine Arnoux Lachaux Vosne Romanee Les Suchots 新品,定番

Vintage 2008年 生産者 ドメーヌ・アルヌー・ラショー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルヌー・ラショー」 ヴォーヌ・ロマネ村で200年以上に渡って5代続くドメーヌです。ロベールアルヌー(1995年没)の娘婿にあたるパスカルラショーがワインづくりの責任者となって以来、劇的に品質が向上し、高い評価を得ています。ワインづくりの信念は、畑では綿密な作業を心がけテロワールを尊重すること、醸造ではピノ・ノワールの良さを引き出すこと果実味とエレガンスさを求めめています。 馬による耕作。 樹齢の古いぶどうの樹は機械の重さに耐えられないため馬で耕作します。 DRCの耕作に参加することも。栽培方法はリュット・レゾネからビオロジックに移行しています。厳しい剪定とグリーン・ハーヴェストを行うことによって、凝縮度の高い葡萄を収穫しており、高い品質・評価の基盤となっています。収穫された葡萄は100%除梗の後、主発酵に移ります。発酵は自然酵母により、赤い果実の風味を大切にするため発酵温度は通常は24~29℃と低めに設定されています。その後、中程度にローストされた樽で、村名クラスで25~30%、1級で40~60%、エシェゾーとクロヴージョで約70%、ロマネサンヴィヴァンは100%の新樽比率で16ー18ヶ月熟成されます。ワインは清澄・ろ過されずに瓶詰めされます。 【パーカーポイント 91点】 《ドメーヌ・アルヌー・ラショー ヴォーヌ・ロマネ レ・スショ》 ビロードのようになめらかな果実味としなやかなコク。エレガントなワインです。 ドメーヌアルヌーラショーヴォーヌロマネ レスショ 2008 Domaine Arnoux Lachaux Vosne Romanee Les Suchots 新品,定番

ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ グランクリュ ”ブーグロ ” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS G CRU BOUGROS 品質保証,大得価

Vintage 2014年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ドメーヌ・ウイリアム・フェーブル シャブリ グラン・クリュ ”ブーグロ ”》 グラン・クリュの丘の北西端、レ プルーズの下に位置するブーグロは豊かな香りとコクをもち、たっぷりとしたミネラル感を特徴としています。ワインは構成がしっかりしたリッチで滑らかなタイプです。土壌の性格とともにコート・ブーグロとは対照的なワインです。 ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ グランクリュ ”ブーグロ ” 2014 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS G CRU BOUGROS 品質保証,大得価

ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”ボーロワ” 2013 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU BEAUROY 品質保証,大得価

Vintage 2013年 生産者 ウイリアム・フェーブル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口 内容量 750ml 「ウイリアム・フェーブル」 ドメーヌ ウィリアム フェーブルの創設は1850年。そして、100年後の1950年に、ウィリアム フェーブル氏が相続して以降、赫々たる名声を博してきました。ウィリアム フェーブル氏は、シャブリで最も高名な人物の一人でした。シャブリ生産組合の理事長として、新世界の白ワインが「シャブリ」の名前を濫用していることに対して、断固たる反対運動を展開。またこの地域の葡萄栽培者の最大の悩みだった春の遅霜対策として、畑でオイルストーブを焚く方法を開発したのも彼でした。また、その所有畑は、質量ともに傑出しており、総面積48ha、そのうちグラン クリュが15.2ha、プルミエ クリュが12haという他の追随を許さぬ陣容を誇ったのです。1988年、そのフェーブル氏が引退し、ドメーヌが競売にかけられると、当然のことながら買い手が殺到しました。こうして、名乗りをあげた16社の中から選ばれたのが、ブルゴーニュの名門ブシャール ペール エ フィス社の改革に成功していたジョセフ アンリオ氏だったのです。 アンリオ氏にとって何より魅力的だったのは、このドメーヌのもつ畑の素晴らしさでした。7つのグランクリュ畑のうち6つを書ゆする唯一のドメーヌで、プルミエクリュでも選り抜きの区画を所有、またシンプル・シャブリの所有畑も、70年代以降にシャブリ畑が拡張される以前からあった伝統的な区画に集中しています。その上、葡萄樹の平均樹齢は30~40年と高く、凝縮味にあふれる果実が収穫できるだろうことも、あらかじめ約束されていました。この素晴らしい畑を手にしたアンリオ氏は、ドメーヌの責任者として、ブシャール社の醸造チームの一員として頭角を現し始めていた若手醸造家のディディエセギエ氏を抜擢、畑から醸造、貯蔵、瓶詰めにいたる細心かつ大胆な改革に乗り出しました。 ウィリア・フェーブル社のシャブリは、切れ味のいい酸味と大地からの豊かなミネラル分、そしてみずみずしい果実味をあわせもち、シャープで、しかもリッチ。かつてのフェーブル氏時代のワインとの味覚上の最大の違いは、樽の香りがひかえめになり、かわりに葡萄由来の凝縮された香りと、畑ごとの個性がくっきりと表面に現れるようになった点です。この新生ウィリアム フェーブルの鮮烈かつ魅力的な味わいは、早くも世界のワインファンの注目を集め、大きな話題を呼んでいます。 《ドメーヌ・ウイリアム・フェーブル シャブリ プルミエ・クリュ ”ボーロワ”》 ボーロワの中でも最高と言われる区画、トロエスムスに1.12haの畑を所有しています。粘土石灰質土壌から造られるワインは、繊細でデリケートな香りとシャブリの典型的フィネスと熟成のポテンシャルを兼ね備えています。 ■ 2012年 パーカーポイント 88-89 ポイント Wine Advocate #208 (2013-08-29) ドメーヌウイリアムフェーブルシャブリ プルミエクリュ ”ボーロワ” 2013 DOMAINE WILLIAM FEVRE CHABLIS 1ER CRU BEAUROY 品質保証,大得価

アミオセルヴェルシャンボール ミュジニー 2013 Amiot Servelle Chambolle Musigny 超激得,人気

Vintage 2013年 生産者 アミオ・セルヴェル 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「アミオ・セルヴェル」 ブルゴーニュ通の間では知られる隠れた名手、アミオ・セルヴェル。シャンボール・ミュジニーを代表する生産者の一人です。シャンボールミュジニーに本拠を置く、まさにシャンボールらしい生産者。この地の個性である品の良さを最大限に表現しています。アミオ・セルヴィルのワインは、その品質の高さから自国の有名レストランからの要望が多く、60%以上がフランス国内で消費されています。 ブドウ栽培にはリュット・レゾネを採用、ブルゴーニュの有機栽培研究会GEST(ジェスト)にも参加するなど積極的に有機農法に取り組んでいます。畑では非常に厳格な有機栽培を実践し、高い樹齢、化学薬品などに頼らず、非常に丁寧に伝統的な手法でワインを造る素晴しい造り手です。特に、現当主のクリスチャン・アミオ氏はシャンボール村の栽培者組合理事長を務めるなど、シャンボール全体のレベルの向上に非常に貢献した人物でもあります。 セルヴィル家は代々女系家族で、現当主クリスチャン・アミオ氏も1975年に婿養子としてドメーヌにはいりました。 《アミオ・セルヴェル シャンボール ミュジニー》 この地に居を構えるアミオセルヴェルならではの1本。エレガントで優しくこのアペラシオンのお手本のようなワインです。 アミオセルヴェルシャンボール ミュジニー 2013 Amiot Servelle Chambolle Musigny 超激得,人気

ドメーヌアンリグージュニュイサンジョルジュ レヴォークラン 2007 Domaine Henri GougesNuits Saint Georges Les Vaucrains 100%新品,人気

Vintage 2007年 生産者 ドメーヌ・アンリ・グージュ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アンリ・グージュ」 その品質は高く、また優れた畑を所有していたため、同地区No.1の造り手として評価と賞賛を集めていました。今では当たり前になった「ドメーヌ元詰め」を始めた数少ない生産者の一人です(贋物ワインを廃絶するため)。現在はアンリの孫にあたるピエールとクリスチャンがドメーヌを引き継ぎ、再び高い品質を取り戻し、高い評価を得ています。 ◆ ドメーヌについて ドメーヌはアンリ・グージュ(1899年生まれ)によって1936年に設立され、同地区No.1の造り手としての評価を得ていました。同ドメーヌはグージュ家がファミリーで所有しており、1967年アンリ死去後、息子のミッシェルとマルセルが後を継ぎましたが、品質に陰りが出始め、ドメーヌとしての評判は低迷しました。しかし、次の世代、マルセルの息子ピエール(1948年生まれ)とミッシェルの息子クリスチャン(1956年)の時代を迎えると、再び高い品質を取り戻し、現在ではニュイ・サン・ジョルジュ最高の評価を得るようになりました。 《ドメーヌ・アンリ・グージュ ニュイ・サン・ジョルジュ レ・ヴォークラン》 ニュイ・サン・ジョルジュ村最高峰のレ・サン・ジョルジュに次ぐ1級畑として名高い“レ・ヴォークラン”。1.0ha、東向きの斜面を持ち、平均樹齢50年。カルシウムの多い石灰岩が特徴。”ヴォークラン”という名前は古来「何もできないところ」という意味。その名の通り、葡萄がきついストレスを受けるため、収穫量は上がらず、濃縮したワインになります。複雑な味わいで、深く上品な黒系の果実と濃厚な土のニュアンスが継ぎ目なく溶け合うワインです。 ドメーヌアンリグージュニュイサンジョルジュ レヴォークラン 2007 Domaine Henri GougesNuits Saint Georges Les Vaucrains 100%新品,人気

ドメーヌアルマンルソークロドラロッシュ 2013 Domaine Armand Rousseau Clos de La Roche 正規品,人気セール

Vintage 2013年 生産者 ドメーヌ・アルマン・ルソー 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・アルマン・ルソー」 『ジュヴレ・シャンベルタンのトップ・ドメーヌ』 18世紀初頭、心無いネゴシアンによって不正なブレンドが横行しており、商慣習上タブー視されていた元詰をアルマン・ルソー氏がダンジェルヴィル、グージュ、グリヴォらと組織を結成して1915年頃に実現。ネゴシアンに樽で売るのをいち早く止めてブルゴーニュワインの品質向上に大きな貢献をしました。2代目のシャルル氏は、1959年当時には6haだった所有畑を14haまで拡大。所有面積の半分以上の8haをグラン・クリュが占めます。醸造や栽培の実務はすでに10年以上前から息子のエリック氏に譲っています。 ドメーヌ・アルマン・ルソーにとってワイン造りとは、「こちらがアペラシオンの特徴を表現するものではなく、土壌の方から語りかけてくるものである」という。その言葉を体現するかのように、土壌本来の力に任せるため20年前から肥料を使用していません。数年前よりリュット・レゾネに切り替え農薬もボルドー液や硫黄など昔から伝わるものを選んでいます。 《ドメーヌ・アルマン・ルソー クロ・ド・ラ・ロッシュ》 ルソー家で唯一、ジュヴレ・シャンベルタン村以外に所有する畑です。ジュヴレシャンベルタンの力強さとモレ・サン・ドニの繊細さを併せ持つ透き通るようなミネラルと弾けるような果実味を持ったワインです。 ■ 2013年 パーカーポイント 93-95 ポイント eRobertParker.com #216 (2014-12-30) ドメーヌアルマンルソークロドラロッシュ 2013 Domaine Armand Rousseau Clos de La Roche 正規品,人気セール

オリヴィエルフレーヴシャブリヴォーデジールグランクリュ 2012 Olivier LefraiveChablis Vaudesir Grand Cru 2019,定番

Vintage 2012年 生産者 オリヴィエ・ルフレーヴ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ100% タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「オリヴィエ・ルフレーヴ」 ミュージシャンとして歩み、ワイン造りには関わってこなかったオリヴィエは、彼の兄弟であるパトリックと叔父のヴァンサンに力を借り、1984年自分自身でワイン造りを営むことを決めました。叔父のヴァンサン・ルフレーヴは、ブルゴーニュにおいて、白ワイン造りで名声を得、ドメーヌ・ルフレーヴを築き上げた人物です。 1993年にヴァンサンが亡くなった時、ドメーヌ・ルフレーヴは彼の娘のアンヌ・クロードとオリヴィエにしっかりと引き継がれました。しかし、オリヴィエはその後今日まで続いているネゴシアン業に専念するべく、身を引いたのです。オリヴィエ・ルフレーヴの品質は20年以上に渡り向上し続け、ハイクオリティな小さなネゴシアンとしての名声を確立しました。 ■ オリヴィエ・ルフレーヴのワイン 所在地であるピュリニー・モンラッシェ村のグラン・クリュをはじめ、10ヘクタールにも及ぶ自社畑を所有しています。そのほとんどは自社畑の葡萄から造られていますが、一部ネゴシアンとして買い付ける葡萄においても、特定の契約栽培者としか取引せず、1989年から醸造責任者に就任したフランク・グリュクスが責任を持って、選定、栽培、醸造までの一貫した管理を行い、自社畑と変わらぬ品質を保っています。現在約60以上のAOCを取扱い、安定した品質を保ち続け、ハイクオリティなネゴシアンとしての名声を確立しています。オリヴィエが目指すワインのスタイルは決して自己主張の強いものではなく、尊敬するヴァンサン・ルフレーヴが造っていたワインに限りなく近い、エレガントなスタイルと言えるでしょう。エレガントなスタイル。優しく、気品に満ち、繊細。そして何よりもテロワールの個性がはっきりと味わいに反映されています。 《オリヴィエ・ルフレーヴ シャブリ・ヴォーデジール・グラン・クリュ》 スモーキーなアロマ、濃厚なクリーム、ナッツ、温かいアップル・ペストリーを思い起こさせる香りで、口に含むと非常に凝縮感がありながら若干硬質でエレガントなミネラルが広がるワインです。 オリヴィエルフレーヴシャブリヴォーデジールグランクリュ 2012 Olivier LefraiveChablis Vaudesir Grand Cru 2019,定番