www.vanandesigns.com

まじめにふまじめ




DRC ラターシュ 2007 DRC La Tache 100%新品,安い

Vintage 2007年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ラ・ターシュ コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC ラ・ターシュ】 この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品…と賛辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DRC ラターシュ 2007 DRC La Tache 100%新品,安い

ルイジャドジヴリールージュ 2011 Louis Jadot Givry Rouge 全国無料,SALE

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ジヴリー・ルージュ》 純粋な味わい、豊かでバランスに優れています。温かみがあって、生き生きとしたフルボディな特長を持っています。 ヘンリー4世が愛したワインと言う事で知られているジヴリーのワインはジヴリー村とポンセイ、コルティアンブル、リュシリーの小村落のみに限定される非常に狭い地域から生産されています。ジュラ紀の泥灰土が風化した石灰岩性の茶色の土壌からなり、そのためジヴリーのワインはヴォルネイと良く比較されます。 。 ルイジャドジヴリールージュ 2011 Louis Jadot Givry Rouge 全国無料,SALE

ブルゴーニュオーコートドニュイ カーヴオージュ 2011 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc”Cave Auge” 100%新品,安い

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ元詰 『カーヴ・オージュ』 この珍しい幻のDRC元詰ワインは、西暦900年に建設された、 歴史的な「サン・ヴィヴァン修道院」の酒造庫復興事業の 一環として新しく造りだされました。10世紀初頭以来、ロマネ・コンティのワインは、「サン・ヴィヴァン修道院」のもとで耕されたことから、歴史に古くより最も「サン・ヴィヴァン修道院」に深く関与しています。 現在修復中の「サン・ヴィヴァン修道院」 ヴォーヌ・ロマネの西側にある「ラベイ・ド・サン・ヴィヴァン」跡地の畑で栽培された葡萄をドメーヌ・ロマネコンティ社の醸造責任者「ベルナール・ノブレ氏」のもとで醸造からボトリングまで行われています。1998年がファーストヴィンテージで当初は「Cave Auge」で売り出されました。1999年からは「Lavinia」でも売り出され毎年少量日本に輸入しています。現地では売上金がサン・ヴィヴァン修道院の活動費として役立てらています。 【ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイ 『カーヴ・オージュ』】 フランスの有名なワインショップ「ラヴィーニャ」・「カーヴ・オージュ」の為だけに製造しています。年産200ケース前後と生産量が少なく、市場にほとんど出回ることのない逸品です。熟成香が有り、上品なシャルドネの丸みのある、ふくよかな白ワインとなっています。 ブルゴーニュオーコートドニュイ カーヴオージュ 2011 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc”Cave Auge” 100%新品,安い

ルイジャドブルゴーニュ ブラン “クーヴァンデジャコバン” 2014 Louis Jadot Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins” 全国無料,SALE

■ 商品画像は2010年を使用しています。 Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ブルゴーニュ ブラン “クーヴァン・デ・ジャコバン”》 優良な栽培家と長期的な契約を結び、ヴィンテージごとに最適なブドウやワインを確保するようにつとめています。ステンレスタンクによる発酵と木樽による熟成が行われています。マロラクティック発酵を完全には行わず、適正な酸味を保ちます。フルーティーでエレガント。新鮮な果実の洋なしやグレープフルーツや、薫り高い花の香りを持っています。心地よい酸味とまろやかさで調和のとれた口当たりです。美しい余韻が楽しめます。マコン産のブドウが果実味を、コート・ドール産のブドウから骨格と熟成の可能性をワインに与えます。比較的早くから楽しめるようになりますが、収穫から5年間、または、ヴィンテージによってはそれ以上の間楽しめます。 ルイジャドブルゴーニュ ブラン “クーヴァンデジャコバン” 2014 Louis Jadot Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins” 全国無料,SALE

ルイジャドムーランナヴァン シャトーデジャック 2012 Moulin a Vent Chateau des Jacques 全国無料,SALE

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ムーラン・ナ・ヴァン シャトー・デ・ジャック》 ワインはルモンタージュされながら密閉式タンクで発酵され、樫樽で6ヶ月間熟成されます。こくがあり、がっしりとしたボージョレです。豊かなブーケがあり、それが見事に薫り、口中では大変柔らかくなります。肉付きが良い舌触りで、他のクリュ・ボージョレよりも長い余韻を持っています。果実味が熟成とともに芳醇な風味となり、そのワインの骨格となります。 1996年にルイ・ジャド社は、フルーリとシェナの間、ムーラン・ナ・ヴァンにあるロマネッシュ・トラン村の゛シャトー・デ・ジャック゛を獲得しました。約19,5haの5つのクロを含む、27haのムーラン・ナ・ヴァンの畑を所有しています。またムーラン・ナ・ヴァンは“ボージョレの王様”と呼ばれ、クリュ・ボージョレの中でもっともブルゴーニュ・ワインに近いワインとして認められています。土壌は典型的な花崗岩質で、コート・ドールのものと大変異なっており、それが、ボージョレの赤ワインをガメイ種のみで造る理由です。 ルイジャドムーランナヴァン シャトーデジャック 2012 Moulin a Vent Chateau des Jacques 全国無料,SALE

ルイジャド ヴォルネイ プルミエクリュ “クロドラバール” 2012 Louis Jadot Pommard 全国無料,SALE

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ヴォルネイ プルミエ・クリュ “クロ・ド・ラ・バール”》 バニラや小ぶりの果実、スミレの花の思わせる香りを持ち、果実味がある若いヴォルネイはローストされた肉や鶏肉の料理に非常に良く合います。 ヴォルネィ村はシェノの麓、そのブドウ畑を見下ろす愛らしい村です。南東から東向きのブドウ畑は日照時間に恵まれています。石灰性泥灰土の地層の上にあり、ポマールやムルソーと接している部分はジュラ紀バトニア時代の石灰性粘土の崩れ土になっています。ヴォルネィの中腹では起伏が140mに及び、赤褐色の泥土に覆われている鉄分を含む石灰質の地層が続いています。標高は230~370mです。 ルイジャド ヴォルネイ プルミエクリュ “クロドラバール” 2012 Louis Jadot Pommard 全国無料,SALE

ラジブリオットシャルムシャンベルタン グランクリュ 2013 La GibryotteCharmes Chambertin Grand Cru 爆買い,安い

Vintage 2013年 生産者 ラ・ジブリオット 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ラ・ジブリオット」 ラ・ジブリオットはジュブレ・シャンベルタン村でトップの生産者として評価の高いクロード・デュガ氏の息子のベルトランと娘のレティシアが、ネゴシアン「ラ・ジブリオット」として立ち上げたワイナリーです。 経営はデュガの息子ベルトランと娘レティシア、ジャンヌが携わっています。3人は若く活力にあふれており、父親のクロード・デュガが築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを父から直接学び、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す情熱に溢れています。 ■ ラ・ジブリオットのワイン ワインは20~30のサンプルの中から家族全員でブドウの持つ芳香と個性を重視して厳選し、ラ・ジブリオットのカーブにて注意深く樽熟成させます(ドメーヌで一度使用したもの)。毎週こまめに行うウイヤージュ、手作業の澱引きなど、ドメーヌ・クロード・デュガの伝統的技術の恩恵をふんだんに受けて造られました。 近年、エレガントなピノ・ノワールが増え続ける中、彼らが仕込んだワインは、父が造り出すワインに負けず劣らず素晴しく高品質で、ジュブレ・シャンベルタンに必要なしっかりとした構造、並外れた芳香、凝縮感と今後の熟成を可能にするしっかりとした酸を背景に持っているのが特徴です。 《ラ・ジブリオット シャルム・シャンベルタン グラン・クリュ》 深みの濃い果実味、土壌を感じさせる力強さ、しっかりしたミネラル、驚くほど複雑で濃厚な香りが感じられ、これらが口の中で緻密かつ複雑な層となり、際立って長い余韻を持ちます。 ラジブリオットシャルムシャンベルタン グランクリュ 2013 La GibryotteCharmes Chambertin Grand Cru 爆買い,安い

ルイラトゥールサントネルージュ 2012 Louis Latour Santenay Rouge 大得価,新作

Vintage2012年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ サントネ・ルージュ ぶどうの生育にとって、非常に豊かで恵まれたサントネ。コート・ドールでも南端にあり、日照に恵まれています。土壌は複雑で、基本的に北部は泥灰土性石灰岩の上を粘土と砂が混じった砂利層が覆っています。南部は石灰岩系になり、砂が多くなります。ぶどう生産者たちはぶどうの生産量を過大に多くするのではなく、積極的にぶどうの剪定を行うことでその高い品質を保っています。 ■ ルイ・ラトゥール サントネ・ルージュ ストロベリー、チェリーを思わせる独特なブーケが豊かであり、熟れた夏の赤い果実のアロマが感じられます。土やミネラル、レザーが基調にある、構成のしっかりとしたワインです。南のワインらしい、芳醇で、生き生きとした活力に溢れています。 ルイラトゥールサントネルージュ 2012 Louis Latour Santenay Rouge 大得価,新作

ドメーヌルロワ クロド ヴージョ 2007 Domaine Leroy Clos de Vougeot 高品質,品質保証

Vintage 2007年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《ドメーヌ・ルロワ クロ・ド・ ヴージョ》 グランクリュの実力が十分感じ取れるワインです。黒い小さな果実、ユーカリや杉などの植物、黒胡椒・クローヴなどのスパイシーさも感じられます。ピノ ・ノワールの個性を大切にし、果実味、凝縮感、タンニンのバランスの取れた、非常に上品で驚くほど長命なワインです。 ■ 2007年 パーカーポイント 95 ポイント Wine Advocate #189 (2010-06-29) ドメーヌルロワ クロド ヴージョ 2007 Domaine Leroy Clos de Vougeot 高品質,品質保証

ルイラトゥールシャサ-ニュモンラッシェル-ジュ 2013 Louis Latour Chassagne Montrachet Rouge 大得価,新作

Vintage2013年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ シャサ-ニュ・モンラッシェ・ル-ジュ 見過ごされることが多いのですが、シャサ-ニュ・モンラッシェの赤ワインは非常に価値の高いワインです。ルイ・ラトゥ-ル社では、確実に完熟していることを示す、天然糖度の高いぶどうを厳選しています。 ■ ルイ・ラトゥール シャサ-ニュ・モンラッシェ・ル-ジュ シャサ-ニュ・モンラッシェ・ルージュの香りは、エレガントで、ブラック・カラントや赤い果実のアロマを放っています。また、その味わいは、レッド・カラントやレザー、野生の果実を思わせる凝縮感で満ちています。タンニンと酸味が素晴らしく調和し、フル・ボディでしっかりした風味は、熟成の可能性を感じさせます。 ルイラトゥールシャサ-ニュモンラッシェル-ジュ 2013 Louis Latour Chassagne Montrachet Rouge 大得価,新作

DRC グランエシェゾー 2007 DRC Grands Echezeaux 100%新品,安い

Vintage 2007年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ グラン・エシェゾー コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC グラン・エシェゾー】 ロマネ・コンティの北方約1km、有名なクロ・ド・ヴージョのすぐ西に隣接。赤や黒の果実の香りが凝縮されたような、まろやかでコクのある極めて魅力的なワインを生み出します。「深い森を散策する夢見がちな貴族」という形容も。3.52ヘクタールのピノ・ノワール種のブドウ畑で、年間1150ケースのワインが製造されます。熟成されたワインを含むのでエシェゾーよりもかなり複雑な味がします。 DRC グランエシェゾー 2007 DRC Grands Echezeaux 100%新品,安い

メゾンルロワ コトーブルギニョンルージュ 2014 Maison Leroy C ocirc;teaux Bourguignons Rouge 高品質,品質保証

Vintage 2014年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【コトー・ブルギニョン】 2011年11月に、フランスのINAO(国立原産地・品質研究所)が認定した新しいアペラシオンで、2011年ヴィンテージから適用されています。ブルゴーニュ地域、北からシャブリ&グランド・オーセロワ,コート・ド・ニュイ,コート ド ボーヌ,コート・シャロネーズ,マコネ,ボージョレーの6つのワイン生産地域いずれのブドウも使用することが可能です。赤は、ガメイ,ピノ・ノワール,セザール(ヨンヌ県のみ) 白は、アリゴテ,シャルドネ,ムロン,ピノ・ブラン,ピノ・グリの品種が使用可能で、その比率は決まっていません。例えば赤なら、ピノ・ノワール100%でもガメイ100%でも混醸してもよく、また地域も、ボージョレー地区とコート・ドール地区のブドウのブレンドも可能です。この比較的自由なくくりの中で、ブルゴーニュワインの素晴らしさを表現するポジティブな位置づけのワインです。 《メゾン・ルロワ コトー・ブルギニョン・ルージュ》 鮮やかなルビー色。イチゴやイチジクのような新鮮な果実の風味のフルーティーなワイン。かすかに感じられるタンニンの渋みが、その味わいを引きしめバランスよくまとまり、シャープな印象を残します。様々な料理に合わせ、日々飽きることなく楽しむことの出来るワインです。 メゾンルロワ コトーブルギニョンルージュ 2014 Maison Leroy C ocirc;teaux Bourguignons Rouge 高品質,品質保証

ルイジャドマコンヴィラージュ “グランジュマニアン” 2014 Louis Jadot Macon Villages “Grange Magnien” 全国無料,SALE

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド マコン・ヴィラージュ “グランジュ・マニアン”》 発酵はステンレススティールタンクで行います。辛口で飲みやすく、花の香りがほのかに感じられるフルーティなワインです。若いときには軽く冷やして飲む事をお勧めします。 グランジュ・マニアンは、マコン地方で高品質なワインを生産する事で有名な村のヴィレ(Vire)とリュニィ(Lugny)の村の近郊に位置します。ドメーヌはソーヌ川を見下ろす素敵な斜面の上にあります。マコンヴィラージュのエリアはブルゴーニュ地方の南部にあり、マコン地区の中で最大のエリアを持っています。栽培面積は2,500haで、あわせて43の村からこのワインが生産されています。 ルイジャドマコンヴィラージュ “グランジュマニアン” 2014 Louis Jadot Macon Villages “Grange Magnien” 全国無料,SALE

ルイラトゥールブルゴーニュシャルドネ 2014 Louis Latour Bourgogne Chardonnay 大得価,新作

Vintage2014年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ブルゴーニュ・シャルドネ このクラッシックなブルゴーニュの白ワインは、太陽に十分照らされた、非常に好ましい畑のぶどうからつくられています。ブルゴーニュ地方の有名な白亜質の石灰岩の斜面と、ルイ・ラトゥール社のぶどうを厳選する卓越したプロセスの相乗効果によって、バランスの良い、豊かな味わいのワインが実現しました。 ■ ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・シャルドネ 緑の色調をもつ、美しく明るい黄金色。エレガントなアロマ、柔和なヴァニラのフレーヴァーが感じられます。調和がとれた果実味と酸が心地よく、余韻は豊かに漂います。壮大で香り豊か、そして力強さと複雑さを兼ね備えたワインです。 ルイラトゥールブルゴーニュシャルドネ 2014 Louis Latour Bourgogne Chardonnay 大得価,新作

ルイジャドプイィフュィッセ 2014 Louis Jadot Pouilly Fuisse 全国無料,SALE

■ 商品画像は2009年を使用しています。 Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド プイィ・フュィッセ》 黄金の反射光を持つプイィ・フュィッセはとても繊細なワインです。土壌の性質が、ヘーゼルナッツや煎ったアーモンドのような香りを増長させます。数年以内に飲まれるのも良いですが、セラーの片隅で少し寝かしてみると、香りの複雑さが広がり、ブルゴーニュの素晴らしい白ワインの中の一つにもなります。 プイィ・フュイッセは、ボージョレ地区との境にあり、ブルゴーニュ地方の南部に位置するマコン地区のワインの中で最も高級なワインとされています。プイィ・フュイッセのブドウ栽培面積は700haで、フュイッセ村や、ソリュトレ・プイィ村、ヴェルジソン村、シャントレ村の険しい坂の上に広がっています。土壌は白亜質と粘土の混合です。 ルイジャドプイィフュィッセ 2014 Louis Jadot Pouilly Fuisse 全国無料,SALE

ルイラトゥールシャンベルタンキュヴェエリティエラトゥール 2006 Louis Latour Chambertin “Cuv eacute;e H eacute;ritiers Latour” 大得価,新作

Vintage 2006年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ジュヴレ・シャンベルタン  グラン・クリュの畑がきら星のように集まっている、その中心とも呼べる、シャンベルタンをルイ・ラトゥール家は19世紀後半から所有しています。このシャンベルタン“キュヴェ・エリティエ・ラトゥール”は、濃縮した果実味と雄大な土壌がしっかりとタッグを組み、繊細かつよく熟成したピノ・ノワールの快活さと濃縮さが表現されています。しっかりとした濃厚な余韻が印象的であり、更なる熟成とともに、滑らかさと複雑さが増していきます。このアペレシオンの特徴として、寿命の長さがあげられます。 《ルイ・ラトゥール シャンベルタン・キュヴェ・エリティエ・ラトゥール》 《2006 vintage》 レースのような優美なワイン。赤すぐりの繊細な香り。ミネラルを感じる非常に長い余韻。直ぐにでも楽しめますが、更に熟成させることで楽しみは増すでしょう。 【ワイン・スペクテイター 2009年5月 93ポイント】 新鮮な熟れたチェリー、スパイスとミネラル感のコンビネーション。シルクのようなテクスチャーとしっかりとしているが、融合したタンニンのコンビネーション。これらがワインを魅力的で表現に富むものにしている。チェリーと石を感じさせる余韻が長く続く、調和のとれた高級ワイン。2012年~2025年が飲み頃。 ルイラトゥールシャンベルタンキュヴェエリティエラトゥール 2006 Louis Latour Chambertin “Cuv eacute;e H eacute;ritiers Latour” 大得価,新作

ルーデュモン フィサンルージュ 2012 Lou Dumont Fixin Rouge 本物保証,お得

Vintage 2012年 生産者 ルー・デュモン 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ルー・デュモン」 《醸造家:仲田 晃司 氏》 大学生の時アルバイトをしていた上野のフレンチレストランでワインと出会い、将来は自分の手で美味しいワインをつくってみたいとの夢を抱く。 1995年、フランスへ。各地のワイン生産者のもとで醸造を修行し、1999年、ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。モメサン社他、ネゴシアン数社を経て2000年7月7日、メゾン・ルー・デュモンをニュイ・サン・ジョルジュに設立、醸造家としワイン生産に従事。2003年3月1日、メゾンをジュヴレ・シャンベルタンに移転すると同時に同社代表に就任。 《名前の由来》 Dumont(山という意味)は、仲田氏の生まれた故郷、岡山県の高梁にある、町のシンボル的存在のお城山(松山城)をイメージしたもので、心の中にはいつも故郷があるという意味でつけた名前です。Louとは、仲田夫妻が(カトリック教の洗礼式における)“代親”になった、今年5歳になるルーちゃんという女の子にちなんだ名前です。 ■ ルー・デュモン フィサン・ルージュ 平均樹齢30年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。エマニュエル・ルジェがエシェゾーに1回使用した樽50%、ルジェ2回使用樽(AOCは不明)20%、マルサネ社製新樽30%で18ヶ月間の樽熟成。無清澄、ノンフィルター。樽で買い付け。 ルーデュモン フィサンルージュ 2012 Lou Dumont Fixin Rouge 本物保証,お得

ドメーヌルロワ リシュブール 2013 Domaine Leroy Richebourg 高品質,品質保証

Vintage 2013年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《ドメーヌ・ルロワ リシュブール》 ラズベリーの香りが色濃く漂う中、様々な花の香りを感じます。非常に長熟でスパイシーな風味を持ち、厚みのある力強いワインです。 ドメーヌルロワ リシュブール 2013 Domaine Leroy Richebourg 高品質,品質保証

ルイラトゥールアロースコルトン“ドメーヌラトゥール” 2013 Louis Latour Aloxe Corton “ Domaine Latour ” 大得価,新作

Vintage2013年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ アロース・コルトン“ドメーヌ・ラトゥール” このアペラシオンは、コート・ドールのぶどう畑の中で最も風光明媚な地域であると言えます。威風堂々としたコルトンの丘に護られるようにして、のどかなアロース・コルトン村が裾野に広がっています。ラトゥール家はこの村の出身で、300年以上にわたりこの村に深く関わりをもっています。今日では村一番名高い、優れたぶどう栽培者として多くの人々の尊敬を集めています。 ■ ルイ・ラトゥール アロース・コルトン“ドメーヌ・ラトゥール” このワインは、招き入れるような暖かい赤色をし、土臭さ、スパイシーさ、そしてタンニンを感じさせ、それらは熟成とともに美しく溶け合っていきます。 ルイラトゥールアロースコルトン“ドメーヌラトゥール” 2013 Louis Latour Aloxe Corton “ Domaine Latour ” 大得価,新作

ルイジャド サヴィニーレボーヌ プルミエクリュ “ラドミノード” ルージュ 2011 Louis Jadot Savigny les Beaune 1er Cru “La Dominode” Rouge 全国無料,SALE

■ 商品画像は2008年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サヴィニー・レ・ボーヌ プルミエ・クリュ “ラ・ドミノード” ルージュ》 鮮やかな赤いベリー系のフルーツと香りの良い洗練されたブーケがあります。大変魅力的で新鮮、酸味も心地よく、果実味豊かなワインです。赤身肉や白身肉、または鳥・猟肉類の軽めの料理と大変相性が良いです。 サヴィニー・レ・ボーヌはボーヌ北部にあり、アロース・コルトン村やボーヌ村に接しています。ルイ・ジャド社は、1989年に、すばらしい東向きの畑を手に入れました。その“ラ・ドミノード”畑は、村の南部にあり、ボーヌ村との境界に近いところにあります。土壌は砂利が多く、より上品なワインを産します。 ルイジャド サヴィニーレボーヌ プルミエクリュ “ラドミノード” ルージュ 2011 Louis Jadot Savigny les Beaune 1er Cru “La Dominode” Rouge 全国無料,SALE

ラジブリオットジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ 2011 La GibryotteGevrey Chambertin 1er Cru 爆買い,安い

Vintage 2011年 生産者 ラ・ジブリオット 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ラ・ジブリオット」 ラ・ジブリオットはジュブレ・シャンベルタン村でトップの生産者として評価の高いクロード・デュガ氏の息子のベルトランと娘のレティシアが、ネゴシアン「ラ・ジブリオット」として立ち上げたワイナリーです。 経営はデュガの息子ベルトランと娘レティシア、ジャンヌが携わっています。3人は若く活力にあふれており、父親のクロード・デュガが築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを父から直接学び、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す情熱に溢れています。 ■ ラ・ジブリオットのワイン ワインは20~30のサンプルの中から家族全員でブドウの持つ芳香と個性を重視して厳選し、ラ・ジブリオットのカーブにて注意深く樽熟成させます(ドメーヌで一度使用したもの)。毎週こまめに行うウイヤージュ、手作業の澱引きなど、ドメーヌ・クロード・デュガの伝統的技術の恩恵をふんだんに受けて造られました。 近年、エレガントなピノ・ノワールが増え続ける中、彼らが仕込んだワインは、父が造り出すワインに負けず劣らず素晴しく高品質で、ジュブレ・シャンベルタンに必要なしっかりとした構造、並外れた芳香、凝縮感と今後の熟成を可能にするしっかりとした酸を背景に持っているのが特徴です。 【2011ヴィンテージ情報】 クロード・デュガ より 2013年5月来日時 果実が完熟する時期に冷涼であったので、ピノ・ノワールのエレガンスを表現するしっかりとした酸が感じられるヴィンテージです。ワインは果実と構造が興味深いコンビネーションをなし、2006年と2007年を思い起こさせます。2011年はブルゴーニュのプロフェッショナルに好まれる味わいです。 《ラ・ジブリオット ジュヴレ・シャンベルタン プルミエ・クリュ》 この村のピノ・ノワールは多様な個性をもつテロワールから造られます。土壌を感じさせる力強さ、濃い色の果実味、ミネラル感、優雅さの調和が卓越しており、ピノ・ノワールの持つ多彩な表情が巧みに表れています。 ラジブリオットジュヴレシャンベルタン プルミエクリュ 2011 La GibryotteGevrey Chambertin 1er Cru 爆買い,安い

ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 全国無料,SALE

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャンボール・ミュジニー》 ルイ・ジャド社のシャンボル・ミュジニーは、約3~4週間タンクで醗酵、その後、約12~15ヶ月間樫樽で熟成されます。色づきはとても良く、幾分スパイシーな香りと、よく熟した小ぶりの赤い果実の芳醇な香りを放ちます。ルイジャド社は、肉付きが豊かで、上品、またフィネスのあるシャンボル・ミュジニーを生産します。タンニンは目立つが、非常にこくがあり、上品なものです。酸味は少なく、肉付きの良さによって、抑えられています。そのヴィンテージと保存状況によって、8~12年は熟成することができるでしょう。 シャンボル・ミュジニーは面積が小さいにもかかわらず、大変名声の高い村です。その名声はワインの品質とプルミエ・クリュの評判の高さのおかげです。 土壌は石灰質で、砂利や小石の多さによって軽くされています。その影響は、シャンボル・ミュジニーの柔らかく、解け合わさったような構成に確かに出ています。畑は東‐南東向きです。 ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 全国無料,SALE

DRC モンラッシェ 2009 DRC Montrachet 100%新品,安い

Vintage 2009年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC モンラッシェ】 シャサーニュ・モンラッシェ村モンラッシェ畑グラン・クリュ8ha中0.7haを所有しています。0.7haの畑から造られる年産3000本にも満たないワインは、世界的にも希少なワインと言えます。光輝く黄金色、押さえきれないほどの豊かなアロマ、圧倒的に広がるボリューム感は、最高の白ワインと呼べます。 DRC モンラッシェ 2009 DRC Montrachet 100%新品,安い

ルイラトゥールシャブリ “ラシャンフル-ル” 2014 Louis Latour Chablis “La Chanfleure” 大得価,新作

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ シャブリ  シャブリは、ボーヌの北西約120キロのところにあり、ブルゴーニュ地方のぶどう栽培地区から地理的に突き出たヨンヌ県シャブリ地区の中心の町です。総面積約500haの11地区の数多いぶどう畑がプルミエ・クリュの畑で、毎年約24万ケースを生産しています。シャブリは、かなり北に寄っているため、安定した品質が得にくくなっています。このため、数多くの供給者から、品質の確かなものを選ぶ熟練者が必要になります。ルイ・ラトゥール社は、その優れた能力で、この役割を果たしています。厳しく、注意深い醸造家により、品質の確かなワインを選び、提供しています。プティ・シャブリは取り扱っていません。醸造家は、ルイ・ラトゥール・シャブリにふさわしい、優良な畑でとれたワインを苦心して探し、醸造過程でも、ラトゥール独自の方式を指導してワインを完成させます。このようにして、ラトゥールのシャブリは、その優秀さを示す、爽やかで、すっきりとした、それでいてしっかりした味わいを造り出しています。 プルミエ・クリュの畑が広い地域に渡っているため、ルイ・ラトゥールは1つの畑から特定の区域を選び、ブレンドして、畑の名前はつけず、自社のシャブリ・プルミエ・クリュとし、素晴らしいワインを送り出しています。 《ルイ・ラトゥール シャブリ “ラ・シャンフル-ル”》 気品あるシャルドネに、この地区で名高いキンメリジャン地層の傾斜から生みだされる個性を最大限に表現しています。新鮮な果実の香りとフローラルの香りに富み、生き生きとした味わいです。また、シャブリの特徴である、石や鉄を連想させるミネラルの風味もあり、すがすがしい後味が感じられます。 《ラ・シャンフルール》 1970年代からルイ・ラトゥ-ル社が使用しているブランド名です。Chanfleureは、バレル・テイスティングの際に使用するピペットを意味する、ブルゴーニュの方言に由来します。 ルイラトゥールシャブリ “ラシャンフル-ル” 2014 Louis Latour Chablis “La Chanfleure” 大得価,新作

ルイジャドボージョレヴィラージュ “コンボージャック” 2014 Louis Jadot Beaujolais Villages “Combe aux Jacques” 全国無料,SALE

■ 商品画像は2010年を使用しています。 Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ “コンボー・ジャック”》 紫がかった濃いルビー色で、新鮮な果実や花の香りを思わせます。柔らかな口当たりと丸みがあり、肉付き豊かな味わいとフルーティーな新鮮さがあります。 このワインが造られるブドウはボージョレ・ヴィラージュの中でもレニエとシルーブル、モルゴンとムーラン・ナ・ヴァンなどのクリュに挟まれた地域の畑で栽培されます。それらの畑は最も良質の花崗岩土壌で、ワインに骨格と力強さを与えるだけでなく、香りに引き締まった上品さを与えます。 「Combe aux Jacques」というキュヴェ名は「Chateau des Jacques」に帰属する名前です。ルイ・ジャド社では当シャトーを所有したのを機に、この名前を復活することにしました。ボージョレ地区には「Combes」と呼ばれる、小さな渓谷がたくさんあります。ボージョレ・ヴィラージュのブドウは、主としてこれらのCombesのブドウ園が生産したものです。 ルイジャドボージョレヴィラージュ “コンボージャック” 2014 Louis Jadot Beaujolais Villages “Combe aux Jacques” 全国無料,SALE

メゾンルロワ ブルゴーニュ フルール ド ヴィーニュ N.V. Maison Leroy Bourgogne Fluers de Vignes 高品質,品質保証

Vintage N.V. 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《メゾン・ルロワ ブルゴーニュ フルール ド ヴィーニュ》 ブルゴーニュの名門ルロワが造る新アイテムです。3つのヴィンテージの極上シャルドネをブレンドして造られるACブルゴーニュ・ブラン。フルール・ド・ヴィーニュ(ブドウの花)という名が付けられたメゾン・ルロワが自信を持ってリリースするスペシャル・キュヴェ!ブドウは2009年、2010年、2011年のシャルドネを使用しています。 メゾンルロワ ブルゴーニュ フルール ド ヴィーニュ N.V. Maison Leroy Bourgogne Fluers de Vignes 高品質,品質保証

ローランルーミエ ボンヌマール 2013 Laurent Roumier Chambolle Musigny 激安大特価,格安

Vintage 2013年 生産者 ローラン・ルーミエ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ローラン・ルーミエ」Domaine Laurent Roumierブルゴーニュ地方、シャンボール・ミュジニー村の名門ドメーヌである、 『ジョルジュ・ルーミエ』を祖父に持ちドメーヌ・エルヴェ・ルーミエの 従兄弟に当たるのが、 ローラン・ルーミエ です。1991年に同じ村で独立してドメーヌを作りました。 まだ若い夫婦2人のみで醸造から経営まで行う小さなドメーヌですが、 独立に際して、ジョルジュ・ルーミエが所有していた、 クロ・ヴージョを1ha分けてもらうという、 非常に幸運なスタートを切りました。 《ローラン・ルーミエ ボンヌ・マール》 優しいプラムの様な果実味と適度な粘性を備えた滑らかな酒質で、果実の旨みとタンニンのグリップが利いた、ポテンシャルの高い味わいのワインです。 畑面積:0.15ha 生産本数:約600本 ローランルーミエ ボンヌマール 2013 Laurent Roumier Chambolle Musigny 激安大特価,格安

ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 全国無料,SALE

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャブリ “セリエ・ド・ラ・サブリエール”》 土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。シャブリ“ラ・サブリエール”はステンレスタンクで発酵され、その後数ヶ月間熟成されます。グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花を思わせる香りがします。果実味のある、心地よい酸味が特徴です。若いうちに飲まれると酸味が心地良いが、5年間は容易に熟成させることができます。 ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 全国無料,SALE

DRC リシュブール 2002 DRC Richbourg 100%新品,安い

Vintage 2002年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ リシュブール コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC リシュブール】 ロマネ・コンティ畑のすぐ北に隣接。果実味に富んだ極めて魅惑的なワインで、熟成するにつれて信じがたいような華やぎと官能的なまでの艶やかさを身につけていきます。その香りは「百の花の香りを集めてきたような」と形容されます。3.51ヘクタールのピノ・ノワール種のブドウ畑で、年間1000ケースのワインが製造されます。当たり年にはラ・ターシュと同じくらい美味しいとされます。 DRC リシュブール 2002 DRC Richbourg 100%新品,安い

DRC コルトン 2010 DRC Corton 100%新品,安い

Vintage 2010年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ コルトン コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC コルトン】 2009年より作られ始めた、DRCが造るコルトンです。ドメーヌ・プランス・フローラン・メロードの畑を借りた形で作られるコルトンです。畑は特級の3区画からなり、ブレッサンド、クロ・デュ・ロワ、ルナルドの 2.5ヘクタールから造られたブドウをブレンドしてワインに仕上げます。 DRC コルトン 2010 DRC Corton 100%新品,安い

ドメーヌルロワ ポマールレヴィーニョ 2013 Domaine Leroy Pommard Les Vignots 高品質,品質保証

Vintage 2013年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《ドメーヌ・ルロワ ポマール・レ・ヴィーニョ》 イチゴ、ラズベリー、レッドカラントの甘くジューシーなアロマにミネラル、複雑味を帯びた香りがかんじられ、 口に含むと、まるでシルクのように滑らかな口当たりと共に、澄んだピュアな赤系果実の風味が広がります。旨味を伴ったエレガントな余韻を魅了し続けます。 ドメーヌルロワ ポマールレヴィーニョ 2013 Domaine Leroy Pommard Les Vignots 高品質,品質保証

ラジブリオットジュヴレシャンベルタンクロデュシャトー 2011 La GibryotteGevrey ChambertinClos du Ch acirc;teau 爆買い,安い

Vintage 2011年 生産者 ラ・ジブリオット 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ラ・ジブリオット」 ラ・ジブリオットはジュブレ・シャンベルタン村でトップの生産者として評価の高いクロード・デュガ氏の息子のベルトランと娘のレティシアが、ネゴシアン「ラ・ジブリオット」として立ち上げたワイナリーです。 経営はデュガの息子ベルトランと娘レティシア、ジャンヌが携わっています。3人は若く活力にあふれており、父親のクロード・デュガが築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを父から直接学び、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す情熱に溢れています。 ■ ラ・ジブリオットのワイン ワインは20~30のサンプルの中から家族全員でブドウの持つ芳香と個性を重視して厳選し、ラ・ジブリオットのカーブにて注意深く樽熟成させます(ドメーヌで一度使用したもの)。毎週こまめに行うウイヤージュ、手作業の澱引きなど、ドメーヌ・クロード・デュガの伝統的技術の恩恵をふんだんに受けて造られました。 近年、エレガントなピノ・ノワールが増え続ける中、彼らが仕込んだワインは、父が造り出すワインに負けず劣らず素晴しく高品質で、ジュブレ・シャンベルタンに必要なしっかりとした構造、並外れた芳香、凝縮感と今後の熟成を可能にするしっかりとした酸を背景に持っているのが特徴です。 【2011ヴィンテージ情報】 クロード・デュガ より 2013年5月 果実が完熟する時期に冷涼であったので、ピノ・ノワールのエレガンスを表現するしっかりとした酸が感じられるヴィンテージです。ワインは果実と構造が興味深いコンビネーションをなし、2006年と2007年を思い起こさせます。2011年はブルゴーニュのプロフェッショナルに好まれる味わいです。 クロ・デュ・シャトーは 2011年のみだけの生産です。 シャトー・ジュブレ・シャンベルタンの買収前に、 デュガ家と古くから付き合いのある所有者から醸造を委託され生産されました。 2012年よりアルマン・ルソーが手掛けています。 《ラ・ジブリオット ジュヴレ・シャンベルタン クロ・デュ・シャトー》 口の中に果実味がふんだんに溢れるとてもジューシーなワイン。ピノ・ノワールの繊細さ、エレガントさと共にこの土壌が持つ力強さ、バランスのとれたジュブレ・シャンベルタンらしい力強い味わいです。 ラジブリオットジュヴレシャンベルタンクロデュシャトー 2011 La GibryotteGevrey ChambertinClos du Ch acirc;teau 爆買い,安い