www.vanandesigns.com

まじめにふまじめ




ルイジャドブルゴーニュ ブラン “クーヴァンデジャコバン” 2014 Louis Jadot Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins” 全国無料,SALE

■ 商品画像は2010年を使用しています。 Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ブルゴーニュ ブラン “クーヴァン・デ・ジャコバン”》 優良な栽培家と長期的な契約を結び、ヴィンテージごとに最適なブドウやワインを確保するようにつとめています。ステンレスタンクによる発酵と木樽による熟成が行われています。マロラクティック発酵を完全には行わず、適正な酸味を保ちます。フルーティーでエレガント。新鮮な果実の洋なしやグレープフルーツや、薫り高い花の香りを持っています。心地よい酸味とまろやかさで調和のとれた口当たりです。美しい余韻が楽しめます。マコン産のブドウが果実味を、コート・ドール産のブドウから骨格と熟成の可能性をワインに与えます。比較的早くから楽しめるようになりますが、収穫から5年間、または、ヴィンテージによってはそれ以上の間楽しめます。 ルイジャドブルゴーニュ ブラン “クーヴァンデジャコバン” 2014 Louis Jadot Bourgogne Blanc “Couvent des Jacobins” 全国無料,SALE

ルイラトゥールシャブリ “ラシャンフル-ル” 2014 Louis Latour Chablis “La Chanfleure” 大得価,新作

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ シャブリ  シャブリは、ボーヌの北西約120キロのところにあり、ブルゴーニュ地方のぶどう栽培地区から地理的に突き出たヨンヌ県シャブリ地区の中心の町です。総面積約500haの11地区の数多いぶどう畑がプルミエ・クリュの畑で、毎年約24万ケースを生産しています。シャブリは、かなり北に寄っているため、安定した品質が得にくくなっています。このため、数多くの供給者から、品質の確かなものを選ぶ熟練者が必要になります。ルイ・ラトゥール社は、その優れた能力で、この役割を果たしています。厳しく、注意深い醸造家により、品質の確かなワインを選び、提供しています。プティ・シャブリは取り扱っていません。醸造家は、ルイ・ラトゥール・シャブリにふさわしい、優良な畑でとれたワインを苦心して探し、醸造過程でも、ラトゥール独自の方式を指導してワインを完成させます。このようにして、ラトゥールのシャブリは、その優秀さを示す、爽やかで、すっきりとした、それでいてしっかりした味わいを造り出しています。 プルミエ・クリュの畑が広い地域に渡っているため、ルイ・ラトゥールは1つの畑から特定の区域を選び、ブレンドして、畑の名前はつけず、自社のシャブリ・プルミエ・クリュとし、素晴らしいワインを送り出しています。 《ルイ・ラトゥール シャブリ “ラ・シャンフル-ル”》 気品あるシャルドネに、この地区で名高いキンメリジャン地層の傾斜から生みだされる個性を最大限に表現しています。新鮮な果実の香りとフローラルの香りに富み、生き生きとした味わいです。また、シャブリの特徴である、石や鉄を連想させるミネラルの風味もあり、すがすがしい後味が感じられます。 《ラ・シャンフルール》 1970年代からルイ・ラトゥ-ル社が使用しているブランド名です。Chanfleureは、バレル・テイスティングの際に使用するピペットを意味する、ブルゴーニュの方言に由来します。 ルイラトゥールシャブリ “ラシャンフル-ル” 2014 Louis Latour Chablis “La Chanfleure” 大得価,新作

ブルゴーニュオーコートドニュイ カーヴオージュ 2011 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc”Cave Auge” 100%新品,安い

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ元詰 『カーヴ・オージュ』 この珍しい幻のDRC元詰ワインは、西暦900年に建設された、 歴史的な「サン・ヴィヴァン修道院」の酒造庫復興事業の 一環として新しく造りだされました。10世紀初頭以来、ロマネ・コンティのワインは、「サン・ヴィヴァン修道院」のもとで耕されたことから、歴史に古くより最も「サン・ヴィヴァン修道院」に深く関与しています。 現在修復中の「サン・ヴィヴァン修道院」 ヴォーヌ・ロマネの西側にある「ラベイ・ド・サン・ヴィヴァン」跡地の畑で栽培された葡萄をドメーヌ・ロマネコンティ社の醸造責任者「ベルナール・ノブレ氏」のもとで醸造からボトリングまで行われています。1998年がファーストヴィンテージで当初は「Cave Auge」で売り出されました。1999年からは「Lavinia」でも売り出され毎年少量日本に輸入しています。現地では売上金がサン・ヴィヴァン修道院の活動費として役立てらています。 【ブルゴーニュ・オー・コート・ド・ニュイ 『カーヴ・オージュ』】 フランスの有名なワインショップ「ラヴィーニャ」・「カーヴ・オージュ」の為だけに製造しています。年産200ケース前後と生産量が少なく、市場にほとんど出回ることのない逸品です。熟成香が有り、上品なシャルドネの丸みのある、ふくよかな白ワインとなっています。 ブルゴーニュオーコートドニュイ カーヴオージュ 2011 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits Blanc”Cave Auge” 100%新品,安い

DRC リシュブール 2002 DRC Richbourg 100%新品,安い

Vintage 2002年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ リシュブール コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC リシュブール】 ロマネ・コンティ畑のすぐ北に隣接。果実味に富んだ極めて魅惑的なワインで、熟成するにつれて信じがたいような華やぎと官能的なまでの艶やかさを身につけていきます。その香りは「百の花の香りを集めてきたような」と形容されます。3.51ヘクタールのピノ・ノワール種のブドウ畑で、年間1000ケースのワインが製造されます。当たり年にはラ・ターシュと同じくらい美味しいとされます。 DRC リシュブール 2002 DRC Richbourg 100%新品,安い

ルイラトゥールクロドゥラロッシュ 2005 Louis Latour Clos de la Roche 大得価,新作

Vintage 2005年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ クロ・ドゥ・ラ・ロッシュ  クロ・ドゥ・ラ・ロッシュは、モレ・サン・ドゥニ村とジュヴレ・シャンベルタン村の間に位置する小さな畑です。このグラン・クリュ(特級畑)は、ロバート・パーカー氏によって、ブルゴーニュの中でも最も優れたワインを生み出す産地のひとつとして挙げられています。 ルイ・ラトゥールのクロ・ドゥ・ラ・ロッシュは、黒い果実やよく熟したチェリーを思わせる豊かな風味を備えたリッチなワインです。樽に由来する特徴的なフレーヴァーは、ワインのスタイルをより個性的にし、かつ、華やかで素晴らしいブルゴーニュ・ワインが持つ見事なまでのエレガンスさを与えています。 《ルイ・ラトゥール クロ・ドゥ・ラ・ロッシュ》 《2005 vintage》 力強さと豊かさに魅了される驚くべきワインです。2005年ヴィンテージには、黒い果実の魅力的なアロマに、ヴァニラとキャラメルが微かに感じられます。タンニンは洗練されており、熟成によって、更に偉大な楽しみをもたらすことでしょう。 ルイラトゥールクロドゥラロッシュ 2005 Louis Latour Clos de la Roche 大得価,新作

ルイラトゥールヴォーヌロマネ 2012 Louis Latour Vosne Roman eacute;e 大得価,新作

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ヴォーヌ・ロマネ  ヴォーヌ・ロマネは地理的・気候的・また土壌的要素により、ブルゴーニュ全土でも最も優れたぶどうを生産する地域のひとつです。醸造のプロセスにおいて、数世紀にも渡り、つくり手たちが最大のケアを払ってきたお陰で、ヴォーヌ・ロマネはその名声を高く保ち続けています。 ルイ・ラトゥールのヴォーヌ・ロマネは、ブルゴーニュ地方全域でも、最も優れた地理的条件や土壌、気候のもとで栽培されるブドウです。その個性を十分に引き出した、みずみずしい芳香と滑らかな飲み口が特徴です。 《ルイ・ラトゥール ヴォーヌ・ロマネ》 官能的で魅力的な香りに富み、味わいには洗練さがありますが、内には力を秘めています。ブルゴーニュのワインのなかでも、長期熟成に耐えうるワインです。 ルイラトゥールヴォーヌロマネ 2012 Louis Latour Vosne Roman eacute;e 大得価,新作

ルイラトゥールエシェゾー 2010 Louis Latour Clos Vougeot 大得価,新作

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ エシェゾー  コート・ド・ニュイ地区、ヴォーヌ・ロマネ村とヴージョ村の間に位置する約30haのグラン・クリュが生みだす最上級の赤ワイン。きめ細かさと優雅さをあわせもつ洗練された味わいです。このワインは力強さとフィネスを併せ持つ、伝統的なブルゴーニュのワインです。 《ルイ・ラトゥール エシェゾー》 色合いは濃く、黒すぐりを思わせる香りがはっきりと感じられ、広がります。味わいは、ヴェルベットのようになめらかで、複雑な果実味が広がります。味わいに様々な要素があり、口中に広がります。黒い果実のフレーヴァーと丁子やヴァニラを含む、よりスパイシーなフレヴァーが表れます。複雑で長い余韻を持ち、熟成のすばらしい可能性を秘めています。 ルイラトゥールエシェゾー 2010 Louis Latour Clos Vougeot 大得価,新作

ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 全国無料,SALE

Vintage 2010年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャンボール・ミュジニー》 ルイ・ジャド社のシャンボル・ミュジニーは、約3~4週間タンクで醗酵、その後、約12~15ヶ月間樫樽で熟成されます。色づきはとても良く、幾分スパイシーな香りと、よく熟した小ぶりの赤い果実の芳醇な香りを放ちます。ルイジャド社は、肉付きが豊かで、上品、またフィネスのあるシャンボル・ミュジニーを生産します。タンニンは目立つが、非常にこくがあり、上品なものです。酸味は少なく、肉付きの良さによって、抑えられています。そのヴィンテージと保存状況によって、8~12年は熟成することができるでしょう。 シャンボル・ミュジニーは面積が小さいにもかかわらず、大変名声の高い村です。その名声はワインの品質とプルミエ・クリュの評判の高さのおかげです。 土壌は石灰質で、砂利や小石の多さによって軽くされています。その影響は、シャンボル・ミュジニーの柔らかく、解け合わさったような構成に確かに出ています。畑は東‐南東向きです。 ルイジャド シャンボールミュジニー 2010 Louis Jadot Chambolle Musigny 全国無料,SALE

ルイジャドブルゴーニュ ルージュ “クーヴァンデジャコバン” 2013 Louis Jadot Bourgogne Rouge “Couvent des Jacobins” 全国無料,SALE

■ 商品画像は2009年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ブルゴーニュ ルージュ “クーヴァン・デ・ジャコバン”》 優良な栽培家と長期的な契約を結び、ヴィンテージごとに最適なブドウやワインを確保するようにつとめています。若いときには赤い果実のフルーティさを発揮し、時間とともに、森の枯れ葉の香りや、スパイシーさなど、より熟成した香りで楽しませてくれます。ブレンドに用いられるコート・ド・ニュイのワインは深みのあるタンニンをもたらし、コート・ド・ボーヌのワインは果実味を与えます。ピノ・ノワール種の個性を非常に良くあらわしたワインです。ヴィンテージにより、多少の個性はありますが、最低7~8年の熟成・保存が楽しめます。 ブルゴーニュ“クーヴァン・デ・ジャコバン”ルージュは“コート・ドール”で栽培された、高貴品種のピノ・ノワールから造られるワインをブレンドしたものです。一般的に“オート・コート・ド・ニュイ”や、“オート・コート・ド・ボーヌ”のワインが、それぞれのヴィンテージの特性を考慮して、選ばれます。それにポマール、ヴォルネィ、コート・ド・ニュイの村で作られたワインが加えられ、慎重なブレンドにより作り出されます。 ルイジャドブルゴーニュ ルージュ “クーヴァンデジャコバン” 2013 Louis Jadot Bourgogne Rouge “Couvent des Jacobins” 全国無料,SALE

メゾンルロワ ブルゴーニュルージュ 2003 Maison Leroy Bourgogne Rouge 高品質,品質保証

Vintage 2003年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《メゾン・ルロワ ブルゴーニュ・ルージュ》 サクランボやイチゴなどの瑞々しい赤い果実の豊かな風味。渋みが穏やかで、優しい酸味がエレガントな印象で、飲み頃の赤ワインです。 メゾンルロワ ブルゴーニュルージュ 2003 Maison Leroy Bourgogne Rouge 高品質,品質保証

ルイラトゥールマルサネル-ジュ 2014 Louis Latour Marsannay Rouge 大得価,新作

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ラトゥール社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ マルサネ  マルサネは、ディジョンのすぐ南に位置する、絵のように美しい小さな村です。ブルゴーニュの最北端の村であり、ジュヴレ・シャンベルタンから約5km北にあります。ここマルサネからコート・ドールの著名な村々が始まります。マルサネは、1987年にアペラシオンのひとつとなりました。 ルイ・ラトゥール社は、設備を改良したポマールのワイン醸造所で、伝統的なブルゴーニュの醸造方法に基づいて、細心の注意を払って栽培された最良のぶどうから、この味わい深いマルサネをつくります。このワインは、開放式の大桶で発酵し、時々手作業にて櫂入れ(ピジャージュ)を行います。このことによって非常に豊かな果実香と美しい色合いが生まれるのです。発酵後、自社製のオーク樽で10~12ヶ月熟成させます。 《ルイ・ラトゥール マルサネ・ル-ジュ》 鉄分の含んだ土壌により力強いワインであり、凝縮した赤い果実のブーケが口中に広がります。野生味と成熟したタンニンをもちながら、絹のような滑らかな味わいを備えています。 ルイラトゥールマルサネル-ジュ 2014 Louis Latour Marsannay Rouge 大得価,新作

ルイラトゥールムルソー 2013 Louis Latour Meursault 大得価,新作

Vintage2013年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアム~フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ムルソー ムルソーはヴォルネーとポマールのちょうど南に位置し、コート・ドールの北、最も広大な面積から生まれる白ワインです。南東向き斜面で石が多く泥灰質に恵まれた土壌、これらの完璧な条件によりムルソーが持ちうる最高のフィネスをつくりあげています。 ■ ルイ・ラトゥール ムルソー 非常に豊満かつ芳醇、そして近隣のピュリニーやシャサ-ニュに比べて熟成が早いのが特徴です。口いっぱいに広がるリッチな味わいとしっかりとした骨格と共に、南国のフル-ツやナッツ、そしてスパイシ-な芳香が感じられます。 ルイラトゥールムルソー 2013 Louis Latour Meursault 大得価,新作

ルイラトゥールジヴリー 2014 Louis Latour Givry 大得価,新作

Vintage2014年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ジヴリー シャロネーズ地区の中心に位置するジヴリー村のワイン。 ワインの一定した品質により1946年にアペラシオンを取得し、ごく最近になって漸くその品質の高さに注目されるようになりました。ルイ・ラトゥール社のジヴリーは、そのよい例と言えます。ロバート・パーカー氏は、「ジヴリーの個性を最大限に引き出している最高のネゴシアンは、ルイ・ラトゥール社であり、土臭さとスパイシーなキャラクターが魅力的である」と語っています。 ■ ルイ・ラトゥール ジヴリー 常に果実香豊かなブーケがあり、野生のチェリーやラズベリーのニュアンスを感じさせ、余韻もなめらかな果実味が広がります。 ルイラトゥールジヴリー 2014 Louis Latour Givry 大得価,新作

ルイラトゥールサントネルージュ 2012 Louis Latour Santenay Rouge 大得価,新作

Vintage2012年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ サントネ・ルージュ ぶどうの生育にとって、非常に豊かで恵まれたサントネ。コート・ドールでも南端にあり、日照に恵まれています。土壌は複雑で、基本的に北部は泥灰土性石灰岩の上を粘土と砂が混じった砂利層が覆っています。南部は石灰岩系になり、砂が多くなります。ぶどう生産者たちはぶどうの生産量を過大に多くするのではなく、積極的にぶどうの剪定を行うことでその高い品質を保っています。 ■ ルイ・ラトゥール サントネ・ルージュ ストロベリー、チェリーを思わせる独特なブーケが豊かであり、熟れた夏の赤い果実のアロマが感じられます。土やミネラル、レザーが基調にある、構成のしっかりとしたワインです。南のワインらしい、芳醇で、生き生きとした活力に溢れています。 ルイラトゥールサントネルージュ 2012 Louis Latour Santenay Rouge 大得価,新作

DRC モンラッシェ 2009 DRC Montrachet 100%新品,安い

Vintage 2009年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ モンラッシェ コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC モンラッシェ】 シャサーニュ・モンラッシェ村モンラッシェ畑グラン・クリュ8ha中0.7haを所有しています。0.7haの畑から造られる年産3000本にも満たないワインは、世界的にも希少なワインと言えます。光輝く黄金色、押さえきれないほどの豊かなアロマ、圧倒的に広がるボリューム感は、最高の白ワインと呼べます。 DRC モンラッシェ 2009 DRC Montrachet 100%新品,安い

ルイラトゥールコートドゥニュイヴィラージュ 2013 Louis Latour C ocirc;te de Nuits Villages 大得価,新作

Vintage2013年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ コート・ドゥ・ニュイ・ヴィラージュ コート・ドゥ・ニュイのアペラシオンは、フィサン(Fixin)、ブロション(Brochon)、プレモー(Premeaux)、コンブランシアン(Comblanchien)、そしてコルゴロアン(Corgoloin)の村から産出されます。ニュイ・サン・ジョルジュの南に位置し、ぶどう畑は、東面の丘の斜面であることから日の光を吸収でき、ぶどうを十分に熟成させます。これら村々の土壌構成は複雑で、泥灰土と粘土が混ざりあっています。このような土壌からは、偉大なるキャラクタ-と魅力をもちあわせたワインが生まれます。 ■ ルイ・ラトゥール コート・ドゥ・ニュイ・ヴィラージュ ルイ・ラトゥ-ル社のコート・ド・ニュイ・ヴィラージュはコートワインのよい手引きともいうべきワインです。レッドとブラックチェリ-の果実を思わせる香りに、リコリスや皮などのニュアンスも感じます。口にふくむと、柔らかくかつ豊かであり、素晴らしいバランスと長い余韻が楽しめます。 ルイラトゥールコートドゥニュイヴィラージュ 2013 Louis Latour C ocirc;te de Nuits Villages 大得価,新作

ルイラトゥールコルトン“ドメーヌラトゥール” 2011 Louis Latour Corton“Domaine Latour” 大得価,新作

Vintage2011年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ コルトン“ドメーヌ・ラトゥール” ルイ・ラトゥール家の所有する畑は、太陽の恩恵を十分に受ける斜面中腹に位置しています。ぶどう樹はドメーヌの栽培家たちによって、収量を抑えるために短く剪定する伝統的な手法がとられ、また、十分に熟したぶどうを確実に得るために収穫を遅くするよう手入れがなされています。所有畑のサイズと、厳密な選択手順によって、ルイ・ラトール・ワインの一貫した高品質とその継続性が保証できるのです。  ■ ルイ・ラトゥール コルトン“ドメーヌ・ラトゥール” シャトー・コルトン・グランセイ醸造所にて、伝統に基づく大桶による発酵後、ルイ・ラトゥール社製オーク樽で10~12ヶ月間熟成。このワインが持つ力強く放たれる香りと豊かなコクは、長期熟成の可能性を雄弁に語っています。 ルイラトゥールコルトン“ドメーヌラトゥール” 2011 Louis Latour Corton“Domaine Latour” 大得価,新作

ルイジャド マルサネ ルージュ 2013 Louis Jadot Marsannay Rouge 全国無料,SALE

■ 商品画像は2009年を使用しています。 Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド マルサネ ルージュ》 マルサネ村はコート・ドール県の北端、ディジョン市の郊外にあり、またジュヴレイ・シャンベルタン村からおよそ5km北にあります。1987年、マルサネ村はそのAOCを与えられ、赤・白・ロゼの3色のAOCを持つ唯一のVillage Appellation〔村名AOC〕となりました。 繊細なブーケは黒イチゴやプルーン、黒スグリと思われる香りがし、熟成するとムスク(麝香)の香りが表われます。このワインはタンニンが豊富でとても柔らかい味わいです。 ルイジャド マルサネ ルージュ 2013 Louis Jadot Marsannay Rouge 全国無料,SALE

ルイラトゥールサントネブラン 2011 Louis Latour Santenay Blanc 大得価,新作

Vintage2011年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ サントネ・ブラン ぶどうの生育にとって、非常に豊かで恵まれたサントネ。コート・ドールでも南端にあり、日照に恵まれています。土壌は複雑で、基本的に北部は泥灰土性石灰岩の上を粘土と砂が混じった砂利層が覆っています。南部は石灰岩系になり、砂が多くなります。サントネの総面積のわずか5%にしかシャルドネは栽培されておらず、希少な逸品と言えます。サントネは、鉱泉、湯治の町として知られており、ブルゴーニュの人々の長期にわたる休養の際、疲れを癒すワインとされてきました。 ■ ルイ・ラトゥール サントネ・ブラン ルイ・ラトゥールのサントネ・ブランは、洋ナシやピーチ、りんごのアロマに富み、ドライ・フルーツのキャラクターも少し感じられます。バランスの良い酸がワインにしっかりとした骨格を与えており、フレッシュで心地良い余韻が長く続くワインです。 ルイラトゥールサントネブラン 2011 Louis Latour Santenay Blanc 大得価,新作

DRC ロマネコンティ 2008 DRC 100%新品,安い

Vintage 2008年 生産者 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・コンティ コート・ド・ニュイの中心に位置し、しばしば「ニュイの真珠」とたたえられるヴォーヌ・ロマネ村。この村には6つのグランクリュ畑があり、そのすべてがブルゴーニュきっての極上品として覇を競いあっています。力強さと複雑さのラ・ターシュ、華やぎのリシュブール、堂々たる骨格のラ・ロマネ、繊細さの極みともいうべきロマネ・サン・ヴィヴァン、そして最後にグランクリュに昇格したグラン・ド・リュ―。ロマネ・コンティは、この5つの宝石に東西南北を取り囲まれるようにして、まさにその中心に君臨しています。 ロマネ・コンティだけが、これら5つの宝石のすべての美質をあわせもっています。堂々たる骨格をもったロマネ・サン・ヴィヴァンは存在しませんが、ロマネ・コンティにはそれがあります。リシュブールの華やぎをもつラ・ロマネは存在しませんが、ロマネ・コンティにはリシュブールに優るとも劣らぬ華やぎがあります。ロマネ・コンティは文字どおり中心であり、すべてなのです。ロマネ・コンティの畑の歴史は、ローマ時代にまでさかのぼります。ローマ人による統治と葡萄栽培への感謝から、この村の極上の畑に「ロマネ」の名が贈られたのです。以来2000年に渡り、この畑には葡萄が栽培され続けてきました。 【ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ DRC ロマネ・コンティ】 この醸造元を象徴する畑で、ドメーヌのもつ赤ワインの長所を凝縮した見事な味わいを生み出し続けています。壮麗、豪奢、神秘、奇跡、気品…と賛辞は限りありません。そのワインは信じられないほど長い間、口中に香りをとどめます。 DRC ロマネコンティ 2008 DRC 100%新品,安い

ルイラトゥールシャトーコルトングランセィ 2009 Louis Latour Ch acirc;teau Corton Grancey 大得価,新作

Vintage2009年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/フルボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ シャトー・コルトン・グランセィ コルトン・グランセイのワイナリーは、1832年まで遡ることができますが、ドメーヌ・ルイ・ラトゥール社の中心的な位置付けとなったのは、フィロキセラ禍の後、1891年以降のことです。シャトー・コルトン・グランセィは、ピノ・ノワール種ぶどうの熟成が完璧な年にのみにつくられる逸品です。ルイ・ラトゥール社が所有するコルトンの畑の中でも、平均樹齢が40年以上の“レ・ショーム”、“レ・プジョー”、“レ・ペリエール”などの最高の立地条件に恵まれた畑から収穫される上質のピノ・ノワールのみを選定し、ブレンドされます。コルトン・グランセイのセラーで10-12ヶ月熟成した後、樽ごとに厳密にテイスティングされます。端正な色合いとブーケを兼ね備え、熟成に適していると判断された極上の樽のみが、最終的にブレンドされ、シャトー・コルトン・グランセィとして生み出されます。 ■ ルイ・ラトゥール シャトー・コルトン・グランセィ この卓越したワインは、繊細でありながら力強く、赤い果実やベリー系の濃密なアロマを感じさせ、プラムやほのかなオークの香りが特徴的な、ルイ・ラトゥール家のこだわりの結晶ともいえるワインです。 《2009 vintage》 美しくルビーレッドの色が際立っています。土っぽさがあり赤い果実やスパイス、リコリスなどの香りが複雑に混ざり合っています。口に含むとまろやかで、香りと同じジューシーなフレーヴァーが広がり、コーヒーのニュアンスも感じられます。滑らかなタンニンと見事に調和しています。 ルイラトゥールシャトーコルトングランセィ 2009 Louis Latour Ch acirc;teau Corton Grancey 大得価,新作

ルイラトゥールブルゴーニュピノノワール 2014 Louis Latour Givry 大得価,新作

Vintage2014年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ルイ・ラトゥール社品 種ピノ・ノワールタイプ赤/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 ルイ・ラトゥール ルイ・ラトゥール社は 200年以上も続く家族経営の、ブルゴーニュを代表するつくり手です。 ブルゴーニュ2大白ワインのひとつといわれる 「コルトン・シャルルマーニュ」の生みの親としても広く知られています。 1731年に一族がブルゴーニュの中心コート・ド・ボーヌでぶどう畑を所有し、ぶどうの栽培と樽づくりを手がけたことに始まります。1768年にアロース・コルトン村へ移住した一族は、フランス革命直後の1797年に、醸造家かつネゴシアン(ワイン仲買人)として創業を迎え、まだ残る革命の余波をもろともせず、徐々に自社畑を広げていきました。 今やコート・ドールでは最大のグラン・クリュを所有し、プルミエ・クリュ(村名畑)を加えると60haにもおよぶ[コルトンの帝王]と称されています。 ■ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール ブルゴーニュ・ピノ・ノワールはリージョナル・アペラシオンであり、通常ブルゴーニュ地方内で収穫されたぶどうであれば、どの地域のぶどうでも使用することは可能です。しかしながら、ルイ・ラトゥールでは、このキュヴェに見合った品質と価値のために、最良と思われるぶどう畑の最良のぶどうのみを厳選して使用しています。 ■ ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール ブルゴーニュの偉大な赤ワインの特徴を表現しています。輝くルビー色を呈し、力強さの中にフィネスと気品が感じられます。赤い果実の香り、土のような香りも基調にあります。口に含むと、フレッシュなラズベリーといきいきとした酸、そして程よいタンニンが調和しています。万能で飲みやすいこのワインは、室内外を問わず楽しめます。 ルイラトゥールブルゴーニュピノノワール 2014 Louis Latour Givry 大得価,新作

ルイジャドサンタムール “セリエデクロ” 2012 Louis Jadot Saint Amour “Cellier des Clos” 全国無料,SALE

Vintage 2012年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サンタ・ムール “セリエ・デ・クロ”》 濃いルビー色。牡丹、イチゴ、時にはキルシュや、スパイシーな香りも感じられます。口当たりが良く、絹のような舌触りです。あまりのワインの柔らかさに、その味わいがきっと心に残ることでしょう。 ドメーヌ・デ・クロの畑はジュリエナ村に近いベッシ村の丘の麓と、サン・タムール村の丘の中腹に位置します。この小さなドメーヌはブドウ栽培者1人で経営され、4.5haの畑を所有しています。Saint-Amourとは゛聖なる愛゛という意味です。 ルイジャドサンタムール “セリエデクロ” 2012 Louis Jadot Saint Amour “Cellier des Clos” 全国無料,SALE

ルイジャドサンヴェラン 2013 Louis Jadot Saint Veran 全国無料,SALE

Vintage 2013年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド サン・ヴェラン》 果実味を保つため、瓶詰めはかなり早めに行わます。花の香りが特徴的で、菩提樹や、蜂蜜、かすかにスパイスや、焼いたパンの香りを思わせます。柔らかな果実味の中にシャキッとした酸味と苦みが心地良く感じられます。3~8年は熟成・保存させることができます。 サン・ヴェランはブルゴーニュ南部のワインの中で“上品な花”といわれています。マコネ地区のすばらしい白ワインを産する畑の中心にあるミリー・ラマルティヌ道路を通ると、サン・ヴェラン村を見つけることができます。《ドメーヌ・ド・クーリ》はソリュトレの丘の裏側の緩やかな傾斜にあり、AOCプイィ・フュイッセに接しています。 土壌はジュラ紀の粘土‐石灰岩質で、それがシャルドネ種を最良に熟させることができます。 ルイジャドサンヴェラン 2013 Louis Jadot Saint Veran 全国無料,SALE

ルイジャドジヴリールージュ 2011 Louis Jadot Givry Rouge 全国無料,SALE

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール100% タイプ 赤/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ジヴリー・ルージュ》 純粋な味わい、豊かでバランスに優れています。温かみがあって、生き生きとしたフルボディな特長を持っています。 ヘンリー4世が愛したワインと言う事で知られているジヴリーのワインはジヴリー村とポンセイ、コルティアンブル、リュシリーの小村落のみに限定される非常に狭い地域から生産されています。ジュラ紀の泥灰土が風化した石灰岩性の茶色の土壌からなり、そのためジヴリーのワインはヴォルネイと良く比較されます。 。 ルイジャドジヴリールージュ 2011 Louis Jadot Givry Rouge 全国無料,SALE

ルーデュモン フィサンルージュ 2012 Lou Dumont Fixin Rouge 本物保証,お得

Vintage 2012年 生産者 ルー・デュモン 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ルー・デュモン」 《醸造家:仲田 晃司 氏》 大学生の時アルバイトをしていた上野のフレンチレストランでワインと出会い、将来は自分の手で美味しいワインをつくってみたいとの夢を抱く。 1995年、フランスへ。各地のワイン生産者のもとで醸造を修行し、1999年、ボーヌの名門ワイン学校CEPPAで学位を取得。モメサン社他、ネゴシアン数社を経て2000年7月7日、メゾン・ルー・デュモンをニュイ・サン・ジョルジュに設立、醸造家としワイン生産に従事。2003年3月1日、メゾンをジュヴレ・シャンベルタンに移転すると同時に同社代表に就任。 《名前の由来》 Dumont(山という意味)は、仲田氏の生まれた故郷、岡山県の高梁にある、町のシンボル的存在のお城山(松山城)をイメージしたもので、心の中にはいつも故郷があるという意味でつけた名前です。Louとは、仲田夫妻が(カトリック教の洗礼式における)“代親”になった、今年5歳になるルーちゃんという女の子にちなんだ名前です。 ■ ルー・デュモン フィサン・ルージュ 平均樹齢30年。収穫量40hl/ha。天然酵母のみで発酵。エマニュエル・ルジェがエシェゾーに1回使用した樽50%、ルジェ2回使用樽(AOCは不明)20%、マルサネ社製新樽30%で18ヶ月間の樽熟成。無清澄、ノンフィルター。樽で買い付け。 ルーデュモン フィサンルージュ 2012 Lou Dumont Fixin Rouge 本物保証,お得

ルイジャドボージョレヴィラージュ “コンボージャック” 2014 Louis Jadot Beaujolais Villages “Combe aux Jacques” 全国無料,SALE

■ 商品画像は2010年を使用しています。 Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ガメイ タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド ボージョレ・ヴィラージュ “コンボー・ジャック”》 紫がかった濃いルビー色で、新鮮な果実や花の香りを思わせます。柔らかな口当たりと丸みがあり、肉付き豊かな味わいとフルーティーな新鮮さがあります。 このワインが造られるブドウはボージョレ・ヴィラージュの中でもレニエとシルーブル、モルゴンとムーラン・ナ・ヴァンなどのクリュに挟まれた地域の畑で栽培されます。それらの畑は最も良質の花崗岩土壌で、ワインに骨格と力強さを与えるだけでなく、香りに引き締まった上品さを与えます。 「Combe aux Jacques」というキュヴェ名は「Chateau des Jacques」に帰属する名前です。ルイ・ジャド社では当シャトーを所有したのを機に、この名前を復活することにしました。ボージョレ地区には「Combes」と呼ばれる、小さな渓谷がたくさんあります。ボージョレ・ヴィラージュのブドウは、主としてこれらのCombesのブドウ園が生産したものです。 ルイジャドボージョレヴィラージュ “コンボージャック” 2014 Louis Jadot Beaujolais Villages “Combe aux Jacques” 全国無料,SALE

ルイジャドメルキュレールージュ 2011 Louis Jadot Mercurey Rouge 全国無料,SALE

■ 商品画像は2007年を使用しています。 Vintage 2011年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド メルキュレー・ルージュ》 厚みのあるメルキュレーのワインは熟成させても美味しいワインで、5年から15年の間、調和を保ちながら熟成をしていきます。メルキュレーはある程度の熟成を経たほうがその特長を際立たせる事が出来ます。紫がかった美しいルビー色。フランボワーズ、ブラックチェリー等の果実の香り豊かで、わずかにシナモンやグローブなどのスパイス香がうまく調和しています。程よい酸味が果実味にうまく溶け込んでいます。骨格がありながら、上品で繊細なワインです。 コート・シャロネーズで最も大きなアペラシオンであるメルキュレーは、600ha近くの面積の畑があります。斜面は南向きから東北東まで様々な方向に向いており、土壌の影響もあり、コート・ド・ボーヌのワインに比較的近い味わいをしています。 ルイジャドメルキュレールージュ 2011 Louis Jadot Mercurey Rouge 全国無料,SALE

ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 全国無料,SALE

Vintage 2014年 生産者 ルイ・ジャド 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 シャルドネ タイプ 白/辛口/ミディアムボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルイ・ジャド」 ルイ・ジャド社は1859年に創立した、ブルゴーニュでも有数のネゴシアン・エルヴールです。1962年にルイ・オーギュスト・ジャドが死去した後、マダム・ジャドはルイ・オーギュストの片腕だったアンドレ・ガジェにこの由緒ある会社の将来を託しました。今日ではアンドレ・ガジェの息子であるピエール・アンリ・ガジェが、同社の社長として運営にあたっています。1998年に本社はボーヌのサミュエル・ラジェイ通りからウジェーヌ・スピュレール通りへと移転し、1500平方メートルの広さを持つ地下セラーは、隣接するジャコバン修道院の地下へとつながっています。 ルイ・ジャド社はネゴシアンとしてブルゴーニュ・ワインの取り引きにかかわる一方、総面積154ヘクタールのブドウ畑を所有する大ドメーヌでもあります。ドメーヌはその所有形態に応じて、ドメーヌ・エリティエ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ルイ・ジャド、ドメーヌ・ガジェ、ドメーヌ・デュック・ド・マジェンタなどに分かれ、それぞれワインのボトルに明記されています。自社畑の範囲はジャヴレ・シャンベルタン村からサントネー村までのコート・ドール全域にわたり、さらに1996年にはボージョレ地区のシャトー・デ・ジャックを入手しました。  格付けのないボージョレは例外として、コート・ドール地区に所有する自社畑のほとんどがグラン・クリュとプルミエ・クリュで占められていることも特筆すべき点です。とくにボーヌ・プルミエ・クリュ・ヴィーニュ・フランシュの一部であるクロ・デ・ズルシュールは、2.75ヘクタールのモノポール(単独所有畑)として有名です。17世紀から知られる銘醸畑で、1826年、まだ一介のブドウ栽培農家にすぎなかったジャド家が買い取りました。1954年から少しづつ植え替えが行われ、平均樹齢35年になるこのピノ・ノワールから、時には他のコミューンのグラン・クリュを凌駕するワインが生まれます。 《ルイ・ジャド シャブリ “セリエ・ド・ラ・サブリエール”》 土壌はシャブリのワインを特長的なものにする、石灰質の泥灰土質(キンメリジャン)です。シャブリ“ラ・サブリエール”はステンレスタンクで発酵され、その後数ヶ月間熟成されます。グレープフルーツ等の新鮮な柑橘系の果実や白い花を思わせる香りがします。果実味のある、心地よい酸味が特徴です。若いうちに飲まれると酸味が心地良いが、5年間は容易に熟成させることができます。 ルイジャドシャブリ “セリエドラサブリエール” 2014 Louis Jadot Chablis “Cellier de la Sabliere” 全国無料,SALE

ドメーヌルロワ ニュイサンジョルジュオーアロー 2011 Domaine Leroy Nuits St Georges Aux Allots 高品質,品質保証

Vintage 2011年 生産者 ドメーヌ・ルロワ 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/フルボディ 内容量 750ml 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。 《ドメーヌ・ルロワ ニュイ・サン・ジョルジュ・オー・アロー》 ニュイサンジョルジュに持つ畑の中で、村名格のワインの一つがこのオーアロー。同じ村名格のラヴィエールの南側に位置しています。こちらは濃さよりも甘美なワインで、複雑なカシスや葉巻、枯れ葉などの香りが特徴です。 ■ 2011年 パーカーポイント 93 ポイント eRobertParker.com #208 (2013-08-29) ドメーヌルロワ ニュイサンジョルジュオーアロー 2011 Domaine Leroy Nuits St Georges Aux Allots 高品質,品質保証

ラジブリオットジュヴレシャンベルタン 2012 La GibryotteGevrey Chambertin 爆買い,安い

Vintage 2012年 生産者 ラ・ジブリオット 生産国 フランス/ブルゴーニュ 品 種 ピノ・ノワール タイプ 赤/辛口/ミディアム~フルボディ 内容量 750ml 「ラ・ジブリオット」 ラ・ジブリオットはジュブレ・シャンベルタン村でトップの生産者として評価の高いクロード・デュガ氏の息子のベルトランと娘のレティシアが、ネゴシアン「ラ・ジブリオット」として立ち上げたワイナリーです。 経営はデュガの息子ベルトランと娘レティシア、ジャンヌが携わっています。3人は若く活力にあふれており、父親のクロード・デュガが築きあげた伝統や卓越した技術のノウ・ハウを父から直接学び、ブルゴーニュで最高のワインを造り出す情熱に溢れています。 ■ ラ・ジブリオットのワイン ワインは20~30のサンプルの中から家族全員でブドウの持つ芳香と個性を重視して厳選し、ラ・ジブリオットのカーブにて注意深く樽熟成させます(ドメーヌで一度使用したもの)。毎週こまめに行うウイヤージュ、手作業の澱引きなど、ドメーヌ・クロード・デュガの伝統的技術の恩恵をふんだんに受けて造られました。 近年、エレガントなピノ・ノワールが増え続ける中、彼らが仕込んだワインは、父が造り出すワインに負けず劣らず素晴しく高品質で、ジュブレ・シャンベルタンに必要なしっかりとした構造、並外れた芳香、凝縮感と今後の熟成を可能にするしっかりとした酸を背景に持っているのが特徴です。 【2012ヴィンテージ情報】 ベルトラン・デュガ より 2014年10月 ブルゴーニュ愛好家の方にとても喜ばれるヴィンテージです。信じられないくらいバランスの取れたワインとなっています。2010年以降ジブリオットのワインはフレッシュさを持ち、真っ直ぐで、酸が味わいを引き立たせていますが、2012年はさらに特に凝縮した果実味と大らかさを持っています。黒果実の風味に赤果実のニュアンスが加わります。この組み合わせが力強さとエレガントさを持ち合わせた素晴らしい仕上がりにつながっています。 《ラ・ジブリオット ジュヴレ・シャンベルタン》 口の中に果実味がふんだんに溢れるとてもジューシーなワイン。ピノ・ノワールの繊細さ、エレガントさと共にこの土壌が持つ力強さ、ミネラル香も感じられるバランスの良く取れたワインです。 ラジブリオットジュヴレシャンベルタン 2012 La GibryotteGevrey Chambertin 爆買い,安い

メゾンルロワ マコン ヴィラージュ 2014 Maison Leroy Macon Villages 高品質,品質保証

Vintage2014年生産国フランス/ブルゴーニュ生産者ドメーヌ・ルロワ品 種シャルドネタイプ白/辛口/ミディアムボディ内容量750mlお届けご注文商品は出来る限り、当日もしくは翌日にご発送させていただきますが、別倉庫に保管しています商品につきましては、ご注文後1日~2日以内のご発送とさせていただきます。(土日祭日は除外) 詳しいご配達日時につきましては、メールにてご連絡申し上げますので、ご確認をお願い申し上げます。 「ドメーヌ・ルロワ」 ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ社の共同オーナーだったマダム・ラルー・ビーズ・ルロワ。ご高齢にもかかわらず若い造り手以上にバイタリティがある世界一有名な女性醸造家がドメーヌ・ルロワのワインを造るのが、このマダム・ルロワです。 ルロワ社は、ボーヌ・ロマネ(オークセイ・デュレス)に本拠を構えるドメーヌ&ネゴシアンです。ルロワは最上のグラン・クリュから、AOCブルゴーニュまで幅広くワインを造っています。全世界のワイン愛好家が絶賛するドメーヌ&ネゴシアンです。 【ルロワのワイン】 契約農家から買い付けた葡萄からワイン造りをしているものと、マダムのテイスティングにより買い付けられたワインとがあり、飲み頃を迎えた頃に販売されます。販売用としては熟成されたブルゴーニュ・ワイン最大のコレクションを持っていることでも有名で、そのストックは1622年に造られた最も古いカーブ他、数ヶ所に約200万本が眠っています。葡萄醸造学者のジャック・ピュイセ氏曰く「ここはワインのルーブル。葡萄畑と彼等の語る言葉に囲まれた文化の時だ。」と賞賛されています。 こうした偉大なるストックは、現当主であるラルー・ビーズ・ルロワ女史(マダム・ルロワ)の天才的なテイスティング能力のもと、長年にわたりブルゴーニュ最上のワインを買い付けてきた証です。  ■ メゾン・ルロワ マコンヴィラージュ 良質なワイン供給地、マコン地区の白ワイン。そのマコン地区の中でもさらに良質なワインを産出する特定の村をマコン・ヴィラージュと名乗ります。シャルドネ種100%で造られるこのワインは、輝きのあるレモンイエローの色合いで、香りに果実香がストレートに表れています。 メゾンルロワ マコン ヴィラージュ 2014 Maison Leroy Macon Villages 高品質,品質保証